2020年。今より良い会社へ

20代に人気のマイナビエージェントの特徴と評価

マイナビ

転職活動において、自分に合った情報収集や便利なツールを利用することは大切です。

情報収集では転職サイトや転職エージェントが主流となってきていますが、その中でも転職エージェントは無料でプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれるために多くの転職者が利用しています。

では、転職エージェントの中でも知名度が高いマイナビエージェントとは一体どのような特徴があるのか。

 

 

【マイナビエージェント】

【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

 

 

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは他の転職エージェントとは違い、対象となる転職者を限定しているエージェントです。

 

 

マイナビエージェント【20代からの若手の転職】

  • 20代から35歳までが目安
  • 転職回数は多くて2回目まで
  • 質の高い転職サポート
  • 業界別のセミナー

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

 

転職者を限定

マイナビエージェントを利用するにあたり、向いている人の特徴は以下の2つです。

 

  • 20代から35歳
  • 転職回数が初めてか2回目以内

 

この2つさえクリアしていれば、未経験の業種であっても採用されやすい企業が多いです。

 

 

どうして未経験でも採用されやすいんですか?

春川

企業が欲しい人材というのは大きく2種類です。「即戦力の経験者」か「将来性のある人材」
そして、年齢が若いというのは将来性という面において最強の武器になります。

吉良

 

マイナビエージェントが20代や若手を限定としているのは転職業界では有名で、求人を依頼する企業もそれを理解したうえでマイナビエージェントにオファーをだします。

つまり、ほかの転職エージェントに比べて経験よりも若さや将来性を重視する企業が多いということです。

 

 

質の高いサポート

やりがい

マイナビエージェントは総合型の転職サイトですが、業界別の専任アドバイザーがいるのがメリットです。

 

【総合型って?】
総合型の場合はIT専門というように特定の分野に絞っていなく、幅広い選択肢から職種を選べます。ただ一般的には総合型の場合は専門型に比べて業界の専門知識や面談対策が劣るなどと言われています。

 

また、転職エージェントを活用することで以下のようなメリットがあります。

  1. 転職者に合った求人案内
  2. 一般のホームページなどには公開されない非公開求人が多数
  3. 求人票には記載がない企業情報
  4. 履歴書や職務経歴書の添削
  5. 面談対策(エージェントとの練習など)
  6. 年収交渉
  7. 面談の日程調整

 

 

求人票だけでは企業がどのような人材を欲しているのかや面接基準が分かりません。

企業によっては専門性よりも「コミュニケーション能力」が必要であったり、未経験でもパソコンスキルが評価される企業など求人票では分からない情報があります。

 

なので業界に詳しいアドバイザーがいるのは面談や履歴書作成でも有利となります。

 

マイナビ独自の相談会

ポイント

マイナビの相談会では「市場動向」や「転職者の希望に合う企業紹介」「将来のキャリアプラン」「書類作成」など様々なアドバイスが受けられます。

 

マイナビの大きな特徴は相談会でも対象者を大きく限定し、専門的なアドバイスをもらえることです。

吉良

 

相談会は大きく10種類のカテゴリに分けられています。

 

相談会の種類
  • IT
  • MR・メディカル
  • 管理
  • クリエイティブ
  • 営業
  • 不動産
  • メーカー
  • 女性の転職
  • 金融
  • 関西

 

転職活動者は自分が好きな相談会に参加できるので、自分が興味のある種類だけ参加することで転職活動をスムーズに進めることができます。

 

マイナビのデメリット

ここまでメリットばかりお伝えしましたが、デメリットが大きく2つ存在します。

それは「サポートを受けられない可能性がある」「求人数が劣る」ということです。

 

 

サポートを受けられない

この記事でも何回かお伝えしましたように、マイナビエージェントでは対象者を限定しています。

マイナビに登録した方が対象者でない場合は、「申し訳ありませんが現在〇〇さんに合う案件がご用意ないためご面談も・・・」というようにメールで断りがくることもあります。

この場合後日連絡がくるのかと思えば全くこないので実質的にサポートが受けられない状態になります。

 

対象者じゃないからって突き放すのもどうかと・・・

春川

転職者にとっても落ちる面接に何度も応募したり、希望の案件がない求人を見るのは苦痛です。ある意味お互いにメリットがある方法でもあります。

吉良

 

 

求人数が劣る

down

大手転職エージェントであるリクルートやDUDAでは求人数が10万件を超えるに対し、マイナビでは2万件ほどしかありません。

なので、「いろんな業種のいろんな案件を見たい」という方からするとモノ足りないという印象を受けます。

 

memo

転職活動において転職エージェントは複数登録がおすすめです。キャリアアドバイザーとの相性やエージェントの取り扱っている案件はそれぞれ違います。最低でも3社は登録することで自分に合った転職先を見つけやすくなります。

 

 

マイナビの評価

マイナビエージェントは対象者にドンピシャであれば最高におすすめ度の高いサイトです。
逆に言えば、転職回数の多い人や40代からするとサポートすらしてもらえない無意味なサイトです。

なので、マイナビの評価は人によって違います。

もしあなたが「20代」「転職回数が2回目」という条件に当てはまればかなり頼もしいサポートが受けられるエージェントとなるでしょう。

 

 

マイナビエージェント

【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.