2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

履歴書は手書きとパソコンどっち?意外と知られていない手書きのリスク

WRITER
 
履歴書は手書きかパソコンか







この記事を書いている人 - WRITER -

履歴書を書く際に手書きかパソコンかは悩むもの。10年ほど前は手書きが当たり前でしたが現在はパソコンを評価する企業も増えてきています。

では実際にはどっちで履歴書を書くのがおすすめなのかということについてお伝えします。

 

 

履歴書は手書きとパソコンのどちらを評価?

大手転職エージェントのリクルートでは以下のように言われています。

履歴書手書き

履歴書に関しては、今も手書きが主流になっているようです。ただ、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらにすればいいのかという正解はありません。

引用元:リクルート

 

結論を言うと履歴書に関しては手書きでもパソコンでもどちらが正しいというのはありません。

 

 

 

履歴書はどちらでも。ただし職務経歴書はパソコン

履歴書は一般的に手書きでもOKと言われていますが、職務経歴書は違います。

注目!

【職務経歴書について】
ビジネス文書と似た扱いを受ける職務経歴書はパソコンでの作成が主流

例えば企業と企業の文書のやり取りは手書きではなくパソコンが主流ですよね?
職務経歴書の場合は文字数が多く、企業に対して分かりやすく正確に伝えることが重要となります。
企業にとって知りたいのは文字よりもスキルや経歴という内容のため、職務経歴書の場合はパソコンが一般です。

 

 

手書きが汚くて落ちる事例はある

これは実際に人事を担当した方に話を聞いたのですが、文字のきれいさは人並み程度であれば採用に作用することはないようです。

しかし、明らかに平均より字が汚い場合はスキルや経歴と関係なく書類選考で落とした経験もあるとのこと。

つまり手書きの場合は人並み程度の文字のきれいさは必要と言えます。

 

 

職種によっての違い

仕事

企業によっては応募方法を指定してくることもありますが、指定がなくても印象に大きく関わる業種もあります。

 

 

パソコンを評価する業種

手書きの場合に評価が落ちる業種もあります。

パソコンの評価が大きい業種
  • IT関係
  • 外資系
  • Web系

パソコンを主体とする業種であれば最低限のパソコンスキルを判断するためにパソコンでの作成を好む傾向があります。

昔ながらの小さな会社や従業員の年齢層が高い職場は例外です。
履歴書は手書きで書くのが当たり前という考えを持っている場合があるので、従業員が20人程度など比較的小さな会社は手書きの方が安全です。

手書きで評価される業種

逆に手書きで判断されやすい業種と言えば「事務」「公務員」「営業」「教育」
と言った業種があります。

人との関わりや字を書く頻度が多いと字のきれいさを求められることがあります。

事務などはパソコンのイメージが強いですが、実際には取引先相手や注文用紙などで手書きで書く頻度がかなり多いです。

吉良

公務員なども相手の名前を書く字が汚ければかなりのイメージダウンとなるので、逆に字がきれいな方であれば履歴書でアピールするのはおすすめです。

 

 

履歴書が手書きの場合

具体的には

次は履歴書が手書きの場合についての利点と欠点を詳しく解説します。

手書きはパソコンよりも労力や時間がかかることもあるので、企業からは経歴とは違ったところを評価されやすいです。

 

 

人間性を伝えれる

履歴書を書くにも手書きの場合は時間もかかるしかなりの気を遣います。

そのため熱意や意欲があると見られることもあります。

また、字がきれいというだけで人は

「仕事ができそう」
「まじめ」
「ミスが少なそう」

などといったイメージも持たれやすいので、字がきれいだと人間性という面で評価を高く受けやすいです。

 

 

字のきれいさを証明できる

この記事でもお伝えしましたように、業種によっては手書き書類を書くことが多い会社もあります。

その場合は履歴書で判断されるので、人並み以上の字が書ける人は証明になります。

 

 

手書きの場合のリスク

ここで知っておかなければいけない手書きのリスクをお伝えします。

手書きの場合はパソコンと違って「人間性」や「まじめさ」などを見られやすいのが特徴です。

本来であれば文字が汚くても仕事ができる人やまじめな人は多いのですが、文字で人を判断する人がいるのは事実です。

実際に手書きが原因で落ちた人も聞いていますので、文字に自信がない方はパソコンで書くことをおすすめします。

 

 

履歴書がパソコンの場合

パソコン

次はパソコンの場合をお話します。
パソコンで書くいうことは効率化や時間短縮といった利点が大きいのですが、もう少し詳しくお伝えします。

 

 

 

パソコンの基本能力を証明できる

面接の際に「パソコンができます」というだけではやはり信頼度が欠けます。

特に未経験でパソコン業務の会社に就職する際は、資格を持っていない方はパソコンスキルを証明できるものがありません。

そういった意味でも履歴書は一つのアピール材料となります。

 

 

自分の能力を伝えれる

手書きの場合は人間性を見られやすいのが特徴ですが、パソコンの場合は文字のきれいさというような邪魔な情報が入ってこないため、純粋に経歴やスキルを評価されます。

手書きの場合は字が汚ければせっかくのスキルが人事の方にうまく伝わらないことがありますが、パソコンの場合はあなたのスキルや情報で評価してもらえるようになります。

パソコンの場合のリスク

パソコンの場合もリスクがあります。
データがあるので使いまわしができるという利点の半面、「どこにでも使えそうな履歴書」と思わやすいというデメリットがあります。

一言でいうと手抜きですね。

そういった誤解を防ぐためにも、パソコンでも受ける会社ごとにアピールポイントや志望動機を考える必要はあります。

 

memo

履歴書や職務経歴書は受ける会社ごとに内容を考えることが必要です。
自分の長所は「まじめ」「向上心」のようにどこの会社でも使える言葉はNGです。
転職エージェントでアドバイスをもらうというのも一つの方法です。

 

最終的にはどっち?

両社に利点と欠点が存在しましたが、個人的にはパソコンがおすすめです。

文字だけで合否を判断されるのは珍しいのですが、字が汚いだけで評価が下がるのはもったいないとしか思えません。

ただ正解というのはやはり存在しないので、あなたが受けたい職種や字のきれいさなどを元に最終判断をしましょう。

 

もし今は文字に自信がないけどうまく書きたいという方は短期的に文字をうまく書くコツも書いています。

文字5

文字をきれいに書くコツは以下の記事を参考に↓↓

 

 

まとめ

この記事では履歴書を手書きかパソコンかどちらにするかというお話をしました。

 

パソコンと手書きのどっち?【それぞれ利点と欠点がある】

  • 履歴書はどちらでも。職務経歴書はパソコン
  • 実際に手書きが原因で落ちる人はいる
  • 職種によっては評価対象となる
  • 手書きは人間性を見られる
  • パソコンだと情報を伝えれる

履歴書だけで合否が決まるわけではありませんが、少しでも採用される確率をあげましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.