2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

アウトプットの仕方。今からできるかんたんな方法

WRITER
 
アウトプット







この記事を書いている人 - WRITER -

アウトプットというと多くの人が苦手意識をもちます。しかし、アウトプットがうまくなると知識の向上やスキルアップにつながるため、習慣化できることが望ましいです。

そこで今回はアウトプットするコツと簡単にできるアウトプットの仕方についてお伝えします。

 

アウトプットのコツ

アウトプットで押さえておきたいコツはたった2つです。

 

アウトプットのコツ
  • インプットよりもアウトプットを多くする
  • 今日中に行動する

 

 

インプットとアウトプットの比率

インプットとアウトプットの黄金比率は3:7と呼ばれています。 これは書店でも人気NO.1よく見る「アウトプット大全」でも紹介されています。

アウトプット比率でいうと、初心者は6割、熟練者は7割の時間をアウトプットに振り分けるのが、効果的な勉強・学びの方法といえるのです。

引用元:アウトプット大全

 

今日中に行動する

「明日やる」という場合、基本的に2.3日後でもやりません。しかも、意外と簡単ですぐにできることほど後回しにしたりします。
なので、インプットしたら必ず少しでも今日中にアウトプットすることを意識しましょう。

 

 

アウトプットする方法

 

人に教える

教える

アウトプットの中で最もおすすめなのは人に教えることです。

人に教えるときには分かりやすく教えようと考えますし、声に出すことで記憶にも残ります。

また、教えられた相手とのコミュニケーションUPにもつながるので一石二鳥です。

 

スケジュール帳に書く

スケジュール

スケジュール帳に覚えたことや購入した本などを記載しておくと、あとで読み返すときに「そういえばこんなこと勉強したな」と思い出すことになります。

書くというアウトプットと同時に、あとで復習することもできるのでおすすめです。

 

TW(ツイッター)が有効

ツイッターは文字数がたった140文字と限られています。
しかし、この限られた文字数でアウトプットするというのは頭を使い、なおかつ少ない時間で書き出すことができます。

勉強したことをツイッターでアウトプットすると、同じ勉強をしている人とつながる可能性も高くなります。

吉良

 

 

3分だけ行動してみる

人は最初の行動がなかなかできません。
例えば「掃除」や「片付け」「勉強」などはなかなかやる気が起きませんよね?

でも、不思議とたった3分でもやり始めると気持ちが入ってそのまま維持します。

なので、

「3分だけでいいからスケジュール帳に書いておこう」
これだけで全然違います。

 

まとめ

この記事ではアプトプットの仕方についてお話しました。

アウトプットの仕方【インプットよりもアウトプット】

  • 人に教える
  • スケジュール帳に書く
  • TWで140文字以内にまとめる
  • 3分だけ行動してみる

インプットしても忘れてしまってはもったいないです。
なので、たった3分でもいいのでアウトプットする習慣をつけていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.