2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

嫌な仕事も3年我慢して後悔すること

WRITER
 
3年







この記事を書いている人 - WRITER -

ベテラン社員や古い考えを持つ世代からは『仕事は3年は続けるべき』という言葉を言います。
確かに3年間続ければ仕事には慣れますし、つらい仕事でも我慢強く頑張るというイメージがつくことはあります。

しかし本当に嫌な仕事を3年も我慢する必要はあるのでしょうか。
この記事では実際に3年勤務して気付いたことや、3年以上働くことで後悔することについてお伝えします。

 

仕事を3年続けて気付くこと

 

向いてない仕事もある

「努力すれば何でもできる」とは限りません。
例えば100年に1人というぐらい才能ある選手が本気で努力してプロを目指すのと、全く運動ができない人が同じ努力をするのとでも覚えるスピードも結果も違いますよね?

仕事で言うと、組立仕事の後に必死に勉強をしても全然うまくいかなかったのに、仕事を変えて配線の仕事をした直後に会社の評価が急上昇したという経験があります。

努力をすればある程度は上達はしますが、やはり人には得意不得意が存在します。

 

合わない人間は結局合わない

僕と仲が良かった同僚が精神的に会社に来れなくなったとき、以下のように言う人がいました。

 

「うつ病なんか本人が悪い。会社に迷惑をかけんといてほしい」

聞いてて腹が立つ内容のことばかり言っていましたが、その人とはやはり何年経っても仲良くできません。

 

給料はそんな簡単には上がらない

会社によって給料が高い会社と低い会社というのはあります。

過去に衝撃的な言葉を聞きました。

「従業員に高い金を払ってもそんなに変わらない。人に投資するぐらいなら設備投資にお金をかけた方が効率的。」

取締役専務の言葉

これを会社のNo.2である社長の息子が発言していました。

こういう言葉っていうのは一気に会社全体に広がって炎上するのですが、会社のトップがこのような考え方だと給与水準はなかなか上がりません。

 

会社の色に染まる

僕が一番嫌だったと思うのが『自分が会社の色に染まる』ということ。

入社直後のときは

  • 「時間がない」が口癖の先輩が嫌だ
  • 「自己中だから〇〇のやり方をしている」
  • 「もっと次工程のことを考えて作業しないと」
  • 「社風が嫌だ」

このように不満ばかり思っていたのに、ある日自分が同じような行動や言葉を言っていることに気付きます。

あんなに軽蔑していた言動を自分がしているというのは、かなりへこむものです。

 

転職の際に後悔すること

3年-後悔

現代では一度も転職しない人の方が少ない時代です。

僕の場合はなぜか会社が2年以内に傾くことが多かったのですが、3年以上働いて転職となったときには後悔したことがありました。

 

専門性がついてしまった

自分の履歴書や職務経歴書を見ると、面接官や第三者からは職歴を一番に見られます。

経験年数1年未満やバイトの経験などはほとんど相手にされないのですが、3年以上働いている職種は重要視されます。

僕の場合は未経験の職種に就きたかったのですが、面接では大体このように言われます。

「あなたの職歴で言うと〇〇関係の方が活かせると思うのですが、なぜ当社を志望したのですか?」

それなりに覚悟して対策をして面接に臨みますが、やはり毎回聞かれると気分が嫌なものです。

それなら過去の職歴を活かす職場に行ったらいいんじゃないですか?

春川

辞めたい理由って大体似ています。「人間関係」や「仕事内容」「給料」「残業時間」など。しかし、同業種の職場に行くと結局同じストレスに合うことが多いです。

吉良

 

同業種には似た人種がいる

例えば鉄を扱う製造業などでは、「定時で帰りたい人」がめちゃくちゃ多いし、スキルを上げるよりも「面倒な仕事は避けたい」という考えを持ちます。

また、上司は立場上定時ではなかなか帰れないので、「定時で帰るなら勉強して帰れば?」と新人に言う上司が多いです。

全く違う業種の会社に行けば全く人の雰囲気が違ったのですが、似たような業種に行くと同じような考え方をする人に合う確率が上がります。

 

若さというポテンシャルを失う

転職において一番の武器は若さです。
これは誰もが予想することですが、実際「スキルや経験がない」という状態でも若ければ採用されたりします。

嫌な仕事無理やり続けていればどんどん年齢は上がるので、面接時に同じようなスキルのライバルがいれば年齢で負けます。

 

3年我慢はデメリットの方が大きい

よく最低でも3年は働いてから辞めろと言われていましたが、その考えはもう古いと言われています。

3年働くことで仕事のミスが減ったり人間関係が改善されることはありますが、無理に頑張ることでうつ病になる人もいます。

結果論ではありますが、本当につらい仕事の場合は3年にこだわるよりも早めに決断することをおすすめします。

 

まとめ

この記事では嫌な仕事でも3年働くことについてお話しました。

3年仕事を我慢【デメリットの方が大きいる】

  • 会社の色に染まる
  • 専門性がついて未経験に就きにくい
  • 同業種には似た人種がいる
  • 若さというポテンシャルを失う

 

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.