2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

仕事を変える不安ってどうやって乗り越えてる?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

「次の仕事が決まるのか」「次の会社は自分に合うのか」など、仕事を変えるときには多くの不安が押し寄せてきます。

これはあなただけではなく、僕も含めて多くの人が経験することです。

それでも現状の仕事を続けるのは強いストレスになるものなので、この記事ではどうやってその不安を乗り越えるかについてお話します。

是非一つでも参考になればと思います。

 

注目!

【仕事を探す不安】
この不安を乗り越えることで、自分の人生を前に進ませることができる

 

 

仕事を変えることはみんな不安になるもの

僕の場合は仕事を変えるとき、以下のような不安を持ちました。

  • 次の仕事が決まるのか
  • 人間関係は大丈夫なのか
  • 仕事内容は自分に合うのか
  • 給料は本当にちゃんと昇給するのか
  • 転勤や出張は?

特に次の仕事が決まるのかという点が最大の悩みであり、内定をもらうまでは何度も不安になっていました。

 

 

不安を乗り越えるために

幸福な時間

自分の中で目安を少し長めに取る

転職回数は数回あるのですが、僕が次の仕事が決まっていない状態のときに会社を辞めた時、目標を立てました。

ただ、

今週中に最低でも2社面接する

と目標を立てた時は達成することができず、さらに強い不安を覚えました。

なので、コツとしては希望とする条件よりもハードルを落とし、少し長い期間で目安を設定すると気分がだいぶ楽になりました。

例としては
「2カ月以内に次の会社で働き始める」「今月のうちに書類選考突破する」などです。

 

 

やるべきことを紙に書き出す

いざ会社を辞めた後ってやることが何もなかったりします。

もちろん最初のうちは情報収集や、平日できなかったことに時間を費やしますが、1週間ほどすれば時間が余るようになります。

その余った時間になると急に不安になってきましたので、そのときは今後することをリスト化しました。

次の仕事へ向けて
  • 応募したい企業の情報収集
  • 応募したい企業を決める
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 面接・面接対策
  • ハローワークでの雇用保険手続き
  • 次の会社で働くための準備

紙に書き出していくと自分がするべきことが見えてきて、「履歴書対策」や「面接攻略」などできることをするようになりました。

 

面接官の立場になってプラスに考える

面接対策をするときによく考えたのが、「面接官はどういう目で自分を見ているのか」ということです。

経験職に就くときは「イチから教える手間を省きたい」のだろうと考え、未経験の職であれば「やる気や社会人としての基礎マナー、社交性」などを重要視するだろうと考えました。

また、逆に自分が面接官だったらどういう人を雇いたいかと考えた時、「今が即戦力でなくても、今後長く勤めて成長してくれる人が欲しい」というのが素直な考えだとも思いました。

それらを考えることで、面接対策や書類対策でも他の人よりもうまくできるんじゃないかと思いました。

 

 

自分に自信をもつ

自信をもって行動する人と、いつも不安な発言で立ち止まる人とでは、当然前者の方が会社からは好かれますよね?

それに、何より自信を失っていると自分がつらい状態になります。

実際は仕事を変える時点で自分に少し自信を失いかけている状態ですが、仮想でも無理やりでも、自分に自信をもつように意識をしました。

 

過去の仕事や学生時でもうまくいったと感じた経験は必ずあります。そのときを常に記憶しておき、思い出すことで自信を生み出すことがしやすくなります

 

 

人を頼る

正直なことろ、本当に不安なときはどうしようもないくらい不安なものです。

隠して演技するよりも、家族に一度だけ本心を全て打ち明けることで心はかなり楽になりました。

奥さんや親、兄弟のように、身近な人は真剣につらい悩みを打ち明けられたときに冷たい言動をしたりなんかしません。

 

逆に、本心を飾らずに話すことで親近感を強め、協力してくれるようになりました。

 

 

だめならだめでもいいと割り切る

さいごに、「仕事を変えてもだめならやめたらいい。必ずいつか本当に納得できる会社に就けるはず」と考えるとすごく楽になりました。

 

仕事を変えたい人によくあるのが、

 

「次は絶対に失敗したくない」

といことです。

 

もちろん失敗しないのがベストですが、正直なところ、入社してみないと分からないことってよくあります。

それに、最初はよくても半年後には先輩が本性を出し始めるなんてことだってあります。

 

なので、気負いすぎてストレスを抱えるぐらいなら、

 

だめだったらそのときはそのとき

 

と考える方が人生楽に進みます。

 

 

 

まとめ

この記事では仕事を変えるときの不安についてお話しました。

 

これまで仕事を変えるとき、内定が決まっていない間はやはり不安がありました。

そして、心が折れそうなときにネットで情報収集をして知ったのが転職エージェントです。

 

 

始めて利用したのがリクルートエージェントだったのですが、無料なのに職種を相談してれたり、自分が辞める理由を親身に聞いてくれたときに本当に安心できたのを強く覚えています。

 

そんな経験があるからこそ自信をもっておすすめできるのですが、仕事を変えるのであれば転職エージェントを活用してみませんか?。

 

当サイトでは無料で実績の高いエージェントを紹介していますので、是非ご活用してください。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2020 All Rights Reserved.