2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

上司と合わないから辞めるときの注意点

WRITER
 
上司と合わない







この記事を書いている人 - WRITER -

上司の考え方が合わない。言い方や指導の仕方が自分には合わない。毎日顔を見るのもつらくなってきた。

このような悩みは多くのビジネスパーソンが抱えています。

体を壊す前に仕事を辞めるのは選択肢としていいのですが、やはり注意点は存在します。

そこで、この次の転職先でも失敗しないように注意点をお伝えしていきます。

 

注目!

【上司との相性】
人と人。合わないことは絶対にある。ただし次に活かせる辞め方を!

 

 

上司との相性が合わない

毎日嫌でも顔を合わし、話したくなくても相談や報告をしないといけない上司。

会社員である多くは以下のような悩みをもっています。

  • 考え方が合わない
  • 自分のことを分かってくれようとしない
  • 言い方がとにかくきつい
  • 意見や反論をしたら不機嫌になる
  • 頑張っても上司に認められていない

学校などで合わない人がいるように、上司と言っても理由もなく『ただ単純に合わない』と感じることもあります

吉良

 

 

辞めるなら上司にどう伝える?

質問

入社して少しの間は我慢できても、少しずつのストレスがだんだん積もって会社に行くのもつらくなります。

しかし、いざ辞めようと思っても辞めたいと思っている本人に退職の意思を伝えるのは伝え方が悩むものです。

 

 

上司とはなるべく円満退職

一番NGなのは「〇〇さん(上司の名前)と合わない」などとストレートに言うことです。

残りの出勤日数の間地獄が始まりますし、何よりも言った自分自身がその後自己嫌悪になります。

また、会社の人とは将来どこでどのように再開するかも分からないものなので、少しでも円満に退職することをおすすめします。

 

 

引き止められない理由を用意する

上司に伝えるときの、理想的な辞める理由は以下のような理由です。

辞める理由
  • 介護でどうしても今の仕事は続けれない
  • 給料面で悩み、次の仕事も決まっている
  • やりたい仕事がある

 

 

介護のように周りが口を出せない理由や、給料など上司だけの権限ではどうすることもできない理由がおすすめ。また、一般的には「やりたい仕事がある」など前向きな言葉を推奨されているが、質問されたときに具体的に答えを用意する必要がある

 

 

辞めるときの注意点

チェックポイント

自分の資産を計算しておく

会社を辞めるときにはいくつか注意点があります。

そして、その一つ目が自分のお金がいくらあるのか。
理由としては次の会社がすぐに決まるとは限りませんし、転職先が合わないという可能性もゼロではないからです。

例えば「3カ月はもつ」というように目安があると、それまで精神的な余裕は生まれますし、その期間の間のお金の使い方も計算できます。

 

家族と相談は先にしておく

奥さんや親、子供など、家族には事前に言っておきましょう。

いきなり辞めても反対されたりはしないかもしれませんが、やはり事前に相談されていない場合は「もう少し早く相談してほしかった」などとさみしい気持ちにさせてしまいます。

なので、多少愚痴となったとしても、上司の暴言や仕事のつらいことなど、正直に話してみましょう。

 

 

情報収集は在職中にする

転職失敗と言われる原因の上位が「焦り」や「希望出ない職種でも急いで応募」ということです。

 

つらいときは辞めたいという気持ちが優先するのは当然ですし、辞めたら早く次を決めないとという気持ちになります。

そうならないように、在職中に情報収集をすることをおすすめします。

 

memo

転職エージェントでは在職者を歓迎されている。無料で登録、利用することができ、希望求人の相談や職務経歴書の添削、面接の日程交渉など幅広くサポートしてくれる

 

 

まとめ

この記事では上司と合わない話や辞めるときの注意点についてお話しました。

上司と合わないと感じ始めると、それは日に日に強くなっていきます。

 

うつ病などのように体を壊す前に、自分を救い出す行動は必要です。

 

ただ、次の会社で希望の会社を見つけるためにも、やはり少しでも早めに情報収集を始めましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2020 All Rights Reserved.