2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

ハローワークってやっぱりブラック企業だらけ?

WRITER
 
ハローワーク-ブラック







この記事を書いている人 - WRITER -

ハローワークで求人を探しても「良い案件がない」「ブラック企業ばかり」という思いをすることはないでしょうか。

この記事では、ハローワークから3社勤務した僕の体験談を元に紹介していきます。

他人の体験談や失敗を聞いて、自分の転職活動に活かしていきましょう。

 

ハローワークがブラック企業だらけと言われる理由

ハローワークの求人が全てブラック企業とは限りません。
しかし、世間的にブラック企業が多いと言われる理由は2つあります。

 

運営機関

ハローワークと転職サイト-

1つ目は運営機関による理由です。

ハローワークの位置づけとしては以下のようになります。

厚生労働省からの指示を受け、都道府県労働局が地域の産業・雇用失業情勢に応じた雇用対策を展開しています。ハローワークはその窓口となっています

引用元:厚生労働省より

つまり、ハローワークは国によって運営されています。

運営が民間でないということは、業績や結果がどうであれハローワークが潰れることはありません。

逆に、転職サイトや転職エージェントの場合は結果を出さなければ会社がつぶれます。

また、転職エージェントから企業に入社した場合、転職者の年収約3分の1程度報酬を支払っていると言われているため、ある程度資金に余裕のある企業しか利用できません。

 

「企業は無料で求人を募集できる」
「ハローワークはサービスが悪くても潰れない」

こう考えると、求人を出す企業がブラックではない可能性って疑いを持ちますよね?

 

実際にブラック企業に当たる人が多い

実際にハローワークから入社した会社がホワイトであればみんな文句は言いません。
入社してみたらブラックな内容が多いというのが何よりも証言となります。

ハローワークでも最低限の企業のチェックはありますが、求人票にも嘘をついているということは多くあります。

吉良

 

ブラック企業の実例

ばい菌

ここからは僕が実際に体験した企業についてお伝えします。
全てハローワークに載っている企業であり、10名入社すれば9名は離職すると会社も見てきました。

 

過度な労働時間

ハローワークの求人にはこう書かれていました。

求人票の労働時間
  • 一日の勤務時間8時間
  • 残業月20時間程度
  • 休日は週休2日

しかし、実際に僕が経験したのは以下の通りです。

実際の労働時間
  • 残業100時間
  • 休日は月2日~4日(3週間連続出勤などよくある)
  • ペナルティ出勤のため手当無し

工場で勤務していたのですが、ミスを1回して再製作となった場合はペナルティとして8日間のタダ働き&残業手当無しです。

なので、毎日働いているのに給料は総額14万円、残業時間ほぼ無しという明細が残っていました。
若い頃はそれが当たり前と思っていたのですが、今となれば完全にブラック企業だと分かります。

 

求人票と全然違う

仕事の内容も全然違うものでした。
例えば僕の場合はNC機械の操縦者として入社したのですが、実際に入社して最初の一年目は寸法チェックや雑用、ペンキ塗りです。

社長が言うには外注に工場のペンキを塗らせると高いらしく、僕たち新人が何度も塗りなおしては「遅い。汚い」と怒られていました。

ペンキ塗りのために入社したわけでもなく、教えてくれる人もいないので当然見た目は大変な仕上がりになりました。

 

面接時に騙されたこと

僕が20代で3社目に入社した会社では、面接時にかなり質問をしました。
そして、面接で言われたことではっきりと思えているのは以下のこと。

  • クレーン免許を取れば月収1万円昇給
  • 玉掛け講習をすれば月収5千円昇給
  • 出張はあるがそこまで多いわけではない
  • やればやるだけ年収UPします。
当時結婚資金を貯めたかった僕は、すぐに資格を取って会社に申請し、家でも仕事の資料を作り、人よりも早く出社して勉強をしていました。

人事評価も部内で一番高い評価を受けたにも関わらず、以下の結果となりました。

  • 資格の昇給ゼロ
  • 評価に関係なく全員昇給ゼロ
  • 突然の出張命令

会社の業績が一気に悪化していたのではあるのですが、給料は全く上がりませんでした。
そして、グローバル化していた企業だったので、突然

「3年中国に行ってくれ」
「今から帰って明日から3カ月出張行ってくれ」
「出張できないならクビ」

こんなやり取りを多くの社員が受け、ベテランだった社員も出張を断ったことで辞めさせられました。

ブラック企業に当たったのが偶然ではあるとは言え、ハローワークの求人に恐怖を覚えてしまいました。そして、転職エージェントについてかなり調べこみました。

吉良

 

結局ハローワークはブラックだらけ?

質問

僕自身の経験で言うと、ハローワークから入社した会社3社のうち、ブラックではないと言い切れる会社はありません。

その後プロのサポートを受けて入社した会社では先輩にこう言ったのを覚えています。

「残業代が全部つく会社なんかあるんですか!?衝撃です・・・」

先輩はポカーンとしていましたが、僕は現在の会社が残業代つくというのが本当に嬉しかったことです。

 

さいごに

ハローワークの求人でも、優良企業はあるようです。
ただ、僕の経験では残念ながらブラックでない企業に就けませんでした。

転職サイトや転職エージェントは紹介報酬として企業から報酬をもらって成り立っています。

そのため資金に余裕のある企業や大手企業、待遇の良い会社が多い傾向にあると言われています。

僕のようにハローワークにトラウマになる人は少ないかもしれませんが、現在転職を考えている方は転職エージェントの利用をおすすめします。

「非公開求人を見れる」「プロの転職サポートを受けれる」「推薦文を送ってもらえる」「無料」などとメリットがたくさんあります。

以下の記事も参考にしてみましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.