2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

面接でマスクをつけないのは非常識!?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

表情や人柄を見せれなくなってしまうマスク。コロナでピリピリしている現在では面接にマスクはつけるべきなのか。

求職中の方にとってかなり悩むと思いますので、今回は面接でマスクをつけた場合とつけなかった場合についてお伝えします。

注目!

【面接時のマスク】
通常の常識とコロナで騒がれる現在では全く意味合いが変わる

 

 

面接時にマスクは必要?

コロナ対策

 

企業はコロナに非常に敏感になっている

現在は面接時にマスクをつけていくのはリスクが高い行為です。

 

なぜなら企業の中に一人でもコロナ感染者がでると企業に致命的なダメージを与えます。
 

  • 企業が停止となる可能性
  • 停止となればお客さんにも大きな損失
  • 再開後も信用を失う
  • 他の社員も検査が必要

製造業でさえ、社長が自ら社員にマスクを配布するぐらい今はコロナ対策を最優先にしています

吉良

 

 

マスクをつけて面接すると・・・

会社によっては社長が何度も人を集めてコロナ対策を力説しています。

そんな中マスクをつけていくと、

会社よりも自分が受かることを優先にしている

と誤解を生む可能性があります。

 

 

マスクで自分の印象は下がらない?

比較

マスクがあまりよくないという話をここまでしてきましたが、コロナが始まる前まではマスクつける方が非常識の状態でした。

微笑んで明るく見せようとしても表情は分かりにくいし、声も多少聞き取りにくくなります。

ただ、企業が一番見ているのはマスクでの上辺だけの表情ではなく、質問の答えや過去の職歴、自分の会社を長く働いているかなどです。

もし「どうしてマスクをつけてきたのですか?」と質問されたらどうするのですか?

春川

その場合は「現在コロナ対策でマスクは必須です。自分が採用されたいというのは強いのですが、万が一企業に菌をもたらせたら損害が大きいため、面接でもマスクを着用させていただきました」などと回答をしましょう

吉良

 

 

面接官によっては違った考え方をもつ人もいますが、現在はコロナのため完全否定されることはありません。また、自信をもって堂々と発言することで好印象を与えることができます

 

 

マスクをつけない方がいい会社もある?

見つけ方

事前に調査する

注意しないといけないのは、すべての会社に当てはまるというわけではないということです。
例えば面接で腕時計をするのが当たり前という会社もあれば、全く興味もないという会社もあります。
マスクであれば「つけるのが当たり前」という会社もあれば、「みんなマスクをしていない」という会社もあるでしょう。

応募をする前に調査をしておきましょう。

面接前に調査する方法
  • 勤務中社員がマスクをしているか
  • 電話をしてマスクはした方がいいか聞いてみる
  • 周りの口コミを調べる
  • 転職の情報の詳しい人に聞く

 

転職エージェントのアドバイスも

求人票やホームページでは応募先でマスクが必要などわかりません。

しかし、無料で登録、利用することができる転職エージェントでは情報に詳しいアドザイザーがいるので、情報を得ることができます。

memo

転職エージェントのアドザイザーは企業の面接担当者と調節合っていることも多い。また、応募者よりも第三者が企業に質問することで安全に調べることができる

 

 

まとめ

この記事では面接でのマスクについてお話しました。

マスクをつけていくのは、コロナの現在では非常にリスクの高いものです。

企業は自分の社員に感染者はいないと考えていますが、もしも感染者がでたらというのは常に頭の中にあります。
また、慎重に求職活動をするのであれば、転職エージェントなどのプロのサポートを受けるのが必須です。
無料で利用することができますし、職種の相談や面接対策、履歴書の添削などもサポートしてもらえるため、他のライバルとも差をつけることができます。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2020 All Rights Reserved.