2021年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

面接の表現はちょっとした工夫で変わる!簡単にできる3つのポイントとは?

WRITER
 
面接の表現の工夫







この記事を書いている人 - WRITER -

転職や就職活動をする際に重要なポイントとなる面接。

希望する企業へ採用してもらうためにも、対策や準備が欠かせないものですよね。

面接が苦手な方も多くいますが、実は表現の仕方をちょっとしただけ工夫するだけで第一印象が大きく変わります。

そこでこの記事では面接で好印象を与えるための表現の工夫を3つ紹介します。

誰でも簡単にできる方法なので、この記事を読んで今後の面接に是非活かしていきましょう。

 

おすすめの転職エージェント
【1位】リクルートエージェント

転職成功実績No1!全ての業種に強いエージェント

【2位】doda

スカウト機能を併用で多くの選択肢から転職活動を!

【3位】マイナビエージェント

20代、第二新卒に強い若手専門の転職エージェント!

 

面接の表現の工夫

今回紹介する面接の表現の工夫は以下の3点です。

  1. 数字を入れる
  2. 自分の評価は人の言葉を入れる
  3. エピソードを簡潔に入れる

これらの言葉だけでもイメージがつくかもしれませんが、より具体的に事例を紹介します。
 

数字を入れる

面接の際に、「自分は前職で売り上げアップに貢献しました」「残業時間の削減に努めました」と言われるとどうでしょう。

功績を上げたのが何となく伝わってきますが、ぼんやりするうえに本当か疑う面接官もいます。

そこで以下のように数字を入れて表現することで相手にイメージを与えるができます。

  • 新商品を開発し、売上が前年度より5%アップしました
  • 業務の手順を工夫することで、残業時間を月30時間から半分になりました
  • 作業の効率化を図り、同じ仕事量を3人から2人態勢に変え、納期も遅れず出荷しました

自分の評価は人の言葉を入れる

よく面接の質問である「あなたの長所は何ですか?」という質問。

一般的に答えやすいのは「協調性」や「まじめな所」「正確性」などが挙げられますが、それだけでは他の応募者と差別化ができません。

ここで好印象を与えるポイントとしては「他者から言われた言葉を使用すること」です。

例えば以下のような表現にすると相手は信じやすくなります。

前職では協調性に努めてており、上司から「君がいると部署の業務の仕事が均等に渡るから、いつも連携を取ってくれて助かっている」と言われています。このように周りとの連携を繋げて業務の効率化を行えることが長所です

 

エピソードを簡潔に入れる

先ほどのような他者の言葉を、具体的なエピソードを交えて伝えることで相手はよりイメージをしやすくなります。

例えば「ゴールデンウィークの〇〇のイベントで・・・」「上司から突然1時間以内に会議用資料の作成を頼まれた際に・・・」というように表現します。

また、注意すべきことはエピソードは2つか多くて3つ以内(同じ質問内)にし、なるべく簡潔に答えることです。

は1分以上同じ話を聞くと流してしまうという心理があるため、短く要点を伝えることで好印象を与えます。

 

事前にストップウォッチを使って自分がどれくらいの時間をかけているか計測することもおすすめ

 

 

面接がうまくできないときは?

早起き

先ほどの3つの表現のポイントを押さえても、すぐにできないと悩む方もいるでしょう。

確かに理論的には分かっても、実践してみるとうまくいかないものです。

そこで以下の方法を試してみましょう。

 

質問されそうな内容を全て書き出す

面接前に必ずしておいた方がいい準備として、質問されそうな内容を全て紙に書き出すことです。

頭の中で趣味レーションするだけじゃダメなんですか?

見習い

イメージトレーニングのみでは必ず忘れてしまいます。逆に紙に書き出すことで不安を軽減するメリットもあります

吉良先生

紙に書き出すとなると面倒かもしれませんが、実は何度も頭の中だけで考えるよりも効率的に対策をすることができます。

そして、質問される内容とそれに対する答えを紙に書き出しておきましょう。

面接までに複数回見直し、企業によって伝えるアピールポイントも変更していきましょう。

 

模擬面接を行う

紙に書き出し、自分の中で整理した後は模擬面接をすることがおすすめです。

筆者もこれまで数多くの面接練習を見てきましたが、頭の中で考えると実践するのとでは全く違います。

「練習してきたのに頭の中が真っ白になった」「緊張して考えていた言葉が言えなかった」と言う人は少なくありません。

これは何度も模擬面接を行って場数をこなすことで上達します。

 

面接練習をする相手がいないときは?

転職

模擬面接をしようにも相手がいないと成立しませんよね?

家族にお願いするのも恥ずかしいですし、一人で2役行っても緊張感が減ってしまいます。

そこでおすすめなのは転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは無料でプロのコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

特に転職成功実績No.1のリクルートエージェントはサポートの質も高いので、是非おすすめです。

【運営会社】リクルート

【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

他にもどんな質問内容がくるか気になる方は以下の記事も参考にしてみましょう。

 

 

まとめ

この記事では面接で好印象を与えるための表現の工夫を3つお話しました。

「数字を入れること」「他者の言葉を入れること」「エピソードを簡潔に伝える」ことは相手に好印象を与えます。 そして、模擬面接を何度も行うことで緊張感も軽減することができます。

あなたの希望する企業で採用されるためにも、準備できることは最大限行っていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2021 All Rights Reserved.