2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

年収の高いプログラム言語ってなに?

WRITER
 
プログラム言語年収







この記事を書いている人 - WRITER -

人気上昇中のIT業界ですが、プログラム言語の種類は数多く存在します。
やはり将来的なことを考えるとどのプログラム言語が年収が高いかって気になりますよね?

そこで今回は年収の高いプログラム言語と特徴を簡潔にまとめました。

 

注目!

【プログラム言語の実態】
求人の多いプログラム言語が年収が高いとは限らない

 

年収の高いプログラム言語

プログラム言語の年収について調査すると、「求人検索エンジンスタンバイ」で結果が公表されていました。

 

言語 年収の平均値(万円) 最大提示年収(万円) 求人数(件)
Go 600 1600 2202
Scala 600 1300 1489
Phython 575 1499 9344
Kotlin 575 1200 961
TypeScript 575 1200 667
R 574 1000 220
Ruby 550 1200 11676

データ参考元:求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

 

調べる前はC++やC言語が高いのかと思っていたのですが、古くからあるプログラム言語は意外と上位にありませんでした。

 

 

1位はGo言語

Go言語はGoogleが2009年にリリースした比較的新しい言語です。

 

【特徴】

  • Webサーバーの構築ができる
  • アプリケーションの開発ができる
  • コードが比較的シンプルで初心者向き
  • 高速なコンパイル言語
  • 安全性が高い
  • 並行処理・並列処理が可能

 

Go言語はC++などに比べてシンプルなコードとなっています。また、記述が間違えていればエラーが表示されるので重大なミスも発生しにくく、初心者向きのプログラム言語になります。

 

2位はScala

ScalaはJavaの後継として世界規模で拡大されています。

(現在の市場ではJavaを扱うエンジニアが最も多いと言われています。)

ただし日本ではまだまだScalaを扱えるエンジニアが少なく、人材不足という点から年収が高くなっているのかもしれません。

【特徴】

  • Javaとの互換性が高い
  • 速度が速い
  • オブジェクト指向+関数型言語
  • Webサービスを作れる
  • アプリを作れる

Scalaと言えばツイッターなどでも使われていることが有名です。

そして、やはり一番のポイントとしてはJavaでできることはほぼできるという点です。

ただエンジニアやプログラマーが比較的少ないことから情報量も少なくなり、習得するのに時間やお金がかかってしまうのがデメリットです。

 

3位はPython

PythonはWebシステムの開発で多く使用されていますが、統計解析のプログラムでも使用されています。

 

【特徴】

  • Webシステムの開発ができる
  • 統計解析ができる
  • Webアプリも作れる
  • 機械学習(人工知能)
  • コードがシンプルで初心者向きの言語

人工知能を学習したい方には必須とも言える言語です。

機械楽手などで使えるライブラリが豊富にあり、コードもシンプルで初心者向きということから多くのサイトでは「一番最初に覚えたい言語」と言われています。

有名なものであればYutubeやインスタグラムなどで使用されています。

 

 

年収=案件数ではない

一つ注意したいのが年収が高いプログラム言語が求人も多いとは限らないということです。

一般のIT業界では現在JavaやC言語、C++などを扱っている企業が多いです。

そして、この記事の最初の表でもGo言語の求人数が2202件に対して7位のRubyは11676件と約5倍もあります。

 

個人的には年収の高いプログラム言語上位3つであればPythonがおすすめです。

しかしどんな職に就きたいかや何をしたいかによって覚える言語は違いますので、これから勉強しようという方は需要や難易度なども情報収集したうえで決めましょう。

 

さいごに

この記事では年収の高いプログラム言語についてお話しました。

1位はGo言語、2位はScala、3位はPythonという結果です。

 

年収だけでも見るとこの3つの言語となりますが、求人数となると上位には上がりません。

なので、あなたが「Webを作りたい」とか「アプリを作りたい」「人工知能を覚えたい」などやりたいことも視野に入れて検討しましょう。

 

年収の高いプログラム言語【新しい言語が高い】

  • 1位はGo言語
  • 2位はScala
  • 3位はPython
  • 年収が高い=求人数が多いではない
この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.