2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

履歴書の学歴って中学は必要?学歴の注意点

WRITER
 
履歴書の学歴







この記事を書いている人 - WRITER -

履歴書の学歴って中学から書くのか高校からなのか。他にも他注意点はどんなのがあるものか。

この記事ではそれらについて解説します。

注目!

【履歴書の学歴】
基本に見える学歴ですが、間違った書き方は面接官のイメージをダウンさせます。

 

学生の場合は中学からが一般的

履歴書の学歴で中学と高校のどちらから書くという決まりはありません。
ただ一般的には高校生や大学生であれば中学から書くのが一般的なので、中学卒業から記載しましょう。

 

 

中途採用の場合は高校卒業から

中途採用の場合は高校卒業から書くのが一般的です。
新卒の場合は履歴書の学歴欄に書く内容が少ないので中学も書くことが多いですが、基本的に義務教育の学歴は評価対象になりません。

また、履歴書に高校を書く場合は「高等学校」というように正式名称で書きましょう。

 

 

履歴書の学歴の注意点

学歴

履歴書の学歴ではいくつか注意点があります。

ワンポイント
  • 西暦か和暦 (平成・昭和など) を統一
  • 正式名称を記入
  • 嘘は絶対ダメ
  • 中退 (履歴書には中途退学と記載)も書く

留年の場合は言葉として書く必要はないと言われています。書けばマイナスイメージになるものですし、卒業という結果は同じです。ですが中退の場合は卒業とは違うために必ず書く必要があります。

吉良

 

 

中退の理由は必要?

中退に正当な理由がない場合は中退の理由は書かないことをおすすめします。理由としてはやはり中退はどうしてもマイナスイメージを与え、理由がしっかりしたのものでなければ書類審査で落ちる確率上がるためです。

ただし正当な理由がある場合は逆に書いた方がいいです。

例えば「親の介護」「家庭の経済的理由」「病気」といったように避けれない理由は面接官も納得します。

また、「希望職種に就職するために勉強するため」という前向きな理由も企業にプラスのイメージを与えます。

注意

理由を書く際は面談で質問をされることも想定しておきましょう。親の介護であれば「現在はどうなのか」や、勉強であれば「中退後に資格など取得したのか」というように詳細を突っ込まれる可能性があります。

 

さいごに

履歴書の学歴は採用の判断の一つに過ぎません。
ライバルと差をつけるためにも志望動機や特技の欄も対策が必要なので、様々な点で対策していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.