2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

履歴書や封筒のおすすめサイズと選び方

WRITER
 
履歴書







この記事を書いている人 - WRITER -

履歴書をいざ作ろうと思ってもA4がいいのかA3がいいのか悩むもの。
書類審査を突破するためにも適正な履歴書を選びたいですよね?

そこで今回は履歴書のサイズや封筒サイズ、注意点や選び方などもお伝えします。

 

 

履歴書におすすめのサイズ

一般的に履歴書で使用されるのはA4かB5サイズです。
数年前まではB5のタイプが主流でしたが、現在ではA4タイプも普及されています。

 

そして、実はA4もB5もどちらが面接に有利というものはありません。

ただしどちらにするか悩むものなのでサイズの詳細やメリットなども解説します。

 

 

A4とB5サイズの違い

サイズはA4よりもB5サイズの方が小さく、正確には以下の寸法となります。

rirekisyo-size

 

A4サイズ・・・210 x 297
B5サイズ・・・182 x 257

 

 

履歴書で一般のA判とB判ってなに?

履歴書の場合は一般的にA判と言えばA3用紙を2つ折にしてA4サイズとして使うサイズを言います。
(A3サイズはA4サイズの2つ分の大きさになります。)

 

それに対して履歴書のB判の場合はB4用紙を2つ折にしてB5サイズにして使うサイズを言います。

 

memo

A4サイズよりもB5サイズの方が小さい。
A3サイズはA4よりも2倍の大きさ。
一般に売られているA判はA3用紙を2つ折にしてA4サイズとして使用されている

 

情報量が多いならA判がおすすめ

A判とB判の違いと言えば単純にサイズの違いです。

履歴書と言えばB5サイズのイメージが強いものですが、ビジネス文書ではA4サイズが使われることがほとんどのためA4サイズの履歴書も増えています。

 

また、A4サイズは情報量を多く書き込むことができるため、職歴が多い方や自己アピールを多く書きたい方にはおすすめです。

逆にB5サイズはアルバイトや専業主婦だった方など比較的書く項目が少ない方にはスマートに書けてきれいに見えます。

 

 

A4を2枚印刷はいいの?

質問

履歴書で販売されているもの多くはA3サイズを2つ折にしてA4サイズとして使うというのが一般です。

しかし、家のプリンタの対応などでA4サイズの履歴書を2枚使用したいというもあるでしょう。

実はこれも企業にとっては合否の基準となることは少ないので、A4サイズを2枚使用しても問題ありません。

しかし、用紙が複数になる際には注意点が存在します。

 

 

複数の枚数になったときの注意点

用紙が複数になった場合は企業に対して配慮することで印象が上がります。

細かいところですが少しでも転職成功させる確率を上げるためにもチェックしましょう。

 

ホチキスは禁止

枚数が多いとついホチキスで止めたくなるのですが、これはNGです。
なぜなら企業はコピーしてデータを保管したり、ファイルにおいて保管する 場合があるためです。
その場合いちいち針を外すというストレスが発生してしまいます。

さらに、面接官や人事担当の方は一人ではなく複数いる可能性も高いので、複数人に分けて見れるようにした方がいいです。

なので、用紙が複数あるときはクリップではさんで持参していきましょう。

 

 

ページ番号をつける

書類が複数になったときはページ番号をつけることをおすすめします。
事務系の仕事などでもよくページ番号をつけているのですが、このちょっとした工夫は面接官の評価をUPさせます。

 

【補足】
Wordであれば「ヘッダー → メニュ → ページ番号」という手順で簡単に設定ができます。

 

 

履歴書の選び方

チェック

履歴書と言っても実は種類が多く存在します。
JIS規格に沿った履歴書や目的に応じたものなど様々です。

あなたに合った履歴書を選ぶためにも履歴書の種類と選ぶポイントを解説します。

 

 

履歴書の種類

履歴書には大きく分けて4つの種類が存在します。

 

  • JIS規格用
  • 転職用
  • アルバイト用
  • 一般用

 

 

JIS規格用

JIS規格は日本工業規格を意味しています。
人によって持参する履歴書のフォームがバラバラだと企業も判断が難しくなるため、国が標準規格を定めているものです。

 

企業によっては指定することもありますが、特に指定がなければJIS規格にする必要はありません。

特徴としては学歴や職務経歴の欄が多く、自己アピールなどを記入する欄が少ないということです。

過去の職歴が多くて職歴欄を多く書く必要がある方に向いています。

 

 

転職用

転職用では職務経歴書などがセットになっているものが多いです。退職理由などが書く欄があります。
多くの転職経験がある方は企業が疑問に感じますので、イメージを下げない理由を書くことでマイナスイメージを和らげます。

 

 

アルバイト用

転職先の希望の曜日や時間などが書ける場所があります。
自己アピールの欄などが少なくなるので正社員の場合はおすすめできません。

 

 

一般用

最後に一般用ですが、こちらは趣味や特技、自己アピールなどの記載があるのが特徴です。
自己アピールしやすいので職務経歴がそこまで多くない方は一般用でもいいでしょう。

 

 

アピールしたいものを選ぶ

ここまで複数の種類をお伝えしましたが、みんなに一番おすすめという形式は存在しません。

やはり職歴や資格など人によって違いますので、自己アピールしやすいものや自分の書く項目に合った履歴書を選択するのが一番です。

 

ワンポイント
多くの職歴を持つ方は職歴欄の多いもの。所持している資格が多い方は資格欄が多いもの。未経験の職にチャレンジしたい方は自己アピールの欄が多い履歴書を選択するのがおすすめです。

 

 

封筒サイズはどれがいい?

封筒サイズは「角形A4号」「角形2号」という大きめの封筒にしましょう。

昔は細長いタイプの封筒に入れて履歴書を折りたたんでいましたが、現在は折り目が面接官のイメージを落とすと言われているので、折り目を増やさない方が望ましいです。

 

memo

封筒だけでなくクリアファイルに入れるのがおすすめ!
クリアファイルに入れることで汚れや湿気防止、さらには「まじめでマナーができている」という印象を与えます。

 

※封筒もクリアファイルも一般的なシンプルなものを使用しましょう。
色の入ったクリアファイルや絵柄があると一般常識を疑われますので、クリアファイルであれば透明で無地のものを使用しましょう。

 

 

さいごに

この記事では履歴書におすすめのサイズと選び方についてお話しました。

 

履歴書のサイズと選び方【自分に合った履歴書を】

  • A4でもA5でも合否に影響はない
  • 自己アピールをするならA4がおすすめ
  • 履歴書が複数になるならクリップでとめる
  • 封筒は大きめのものを使用
  • JIS規格や転職用など種類がある

履歴書はどれが一番というものはなかなかありません。
やはり実際に見てみて自己アピールや職歴欄などが書きやすいタイプを選ぶのが重要です。

また、履歴書はサイズやタイプ以上に書く内容が重要ですので志望動機などもポイントを押さえていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.