2020年。今より良い会社へ

転職するなら資格は取るべき?メリットとデメリットを解説

WRITER
 
メリットとデメリット







この記事を書いている人 - WRITER -

転職に有利といわれる資格ですが、本当に資格は取るべきなのか。資格を取ることはメリットがありますが、逆にデメリットも存在します。

転職活動を有効に進めるためにも、この記事では資格を取るメリットとデメリットの両方を見た上での資格を取るべきかについて解説します。

 

注目!

【転職活動は人によって違う】
広い視野を持って自分に合った転職活動を!

 

資格を取るメリット

やりがいとメリット

資格は多くのサイトで推奨されていますが、やはり資格を取ることにはメリットが存在します。

 

資格のメリット
  • 基礎知識の証明
  • 未経験の職種での評価
  • 学ぶ姿勢を評価
  • 給料に影響
  • キャリアプランとして魅せれる
  • 一度の取得で一生残る

 

 

評価として上がる

人事にとって人を雇うときはまず職歴を見ます。
自社に合う職歴や知識を持っているかなど。

過去の職歴が同類の職であればいいのですが、未経験の業種に転職する場合は人事も評価が難しいものです。

そこで基礎知識の証明や、誰が見ても判断できるのが資格です。

 

memo

資格をこれから取得する場合は、企業が求める資格を取るのが重要です。
どんなに難易度が高い資格でも、企業にとって関係のない資格であれば評価の対象にはなりません。

 

社会人での学ぶ姿勢

転職の際には応募者の「向上心」「学ぶ姿勢」などを見られることがあります。
企業によっては今のスキルよりも将来性を重視することも多く、その点でも資格は有効です。

なぜなら資格を取るにはお金を投資しますし、勉強のためにもそれなりの時間を費やします。

学生時代には自然と資格を取得できましたが、やはり社会人になってから資格を取るというのはメリットがあります。

 

 

資格を取るデメリット

デメリット

資格を取るといっても誰でも簡単に取れるわけではありません。
それに、場合によっては面接で不利になることもあります。

 

具体的には以下のデメリットがあります。

 

資格のデメリット
  • 多くの時間を浪費する
  • モチベーション維持が難しい
  • 全く関係のない資格は合わない人材と判断される
  • 資格よりも職歴を優先される

 

多くの時間を浪費

資格は難易度が高いほど給料UPや評価につながりますが、逆を言えばそれだけ学習時間が多くなります。

 

【参考の勉強時間】
目安として、日商簿記2級では勉強時間250時間。
税理士では2500時間の勉強時間がいるなどと言われています。

 

勉強時間に300時間必要だとしたら、一日2時間の勉強であれば150日。つまり5ヶ月はかかることになります

吉良

仕事を辞めればブランクというリスクを負いますし、会社員にとってこれだけの時間を確保するのは大きな覚悟がいります。

もちろん落ちた場合は時間をもっと奪われるので、モチベーションの維持が大変です。

 

 

資格よりも職歴

例えばIT企業に同時に5人応募者がいた場合。もしあなたが国家資格を持っていても、ライバルがアプリ開発業務歴5年の20代であれば勝ち目がありません。

企業にとっては資格よりも職歴の方が優先されるため、資格を取ったといっても絶対的に有利になるわけではありません。

 

デメリットを言われると資格を取るのが悪いことみたいですね・・・

春川

資格を取ることは決して悪いことでもないし意味のないわけでもありません。

吉良

 

資格は一度取得すると一生残りますし、何より個人の知識が深まります。

将来の働き方の選択肢も増えますので、資格取得には価値があります。

 

転職するなら資格は取るべき?

質問

転職する場合に資格を取るべきかは人によって違います。

未経験で技術職を目指す場合

技術職で未経験なら資格取得をおすすめします。

なぜなら、IT企業や技術職であれば応募者のスキル、知識を重要視して選考されるからです。

そのため、未経験であれば資格かそれに匹敵するものを証明しなければいけません。

Web関係であればポートフォリオを持参して初めて選考対象となると言われるぐらいなので、技術職&未経験であれば資格がないのは不利なところです。

 

 

過去の職歴を活かせる。または専門技術が不要の場合

一方、営業職や接客のように専門技術よりもコミュニケーション能力などが重要視される場合は資格は必要ありません。
そして、過去の職歴と応募する職種が似たような場合であれば、わざわざ資格を取らなくても職歴だけで有利です。

そのため資格を取る時間を省いて転職活動や応募企業の情報収集に努めた方が効率的です。

転職エージェントであれば無料でプロのアドバイザーから情報をもらうことができます。

参考:転職エージェントが無料って本当なの?

吉良

 

 

未経験歓迎の注意点

未経験

求人票には未経験歓迎の文字をよく見かけます。
しかし、これには2つの場合があるので注意が必要です。

 

本当に未経験OKの場合

教育体制が整っている企業や専門技術を必要としない企業は本当に未経験歓迎です。

 

知識は必要な未経験OKの場合

未経験OKでも、「スクールで修業を終えている」または「資格を保持している」というのが前提で、会社での実務経験がないという意味での未経験という場合があります。

 

 

求人票だけではこの違いを判断するのは難しく、そういった判断をするという面でも転職エージェントはおすすめされています。

 

 

まとめ

この記事では転職するなら資格は取るべきか。メリットとデメリットを含めてお話しました。

資格取得にはメリットとデメリットの両方があります。

 

資格取得【人によって必要かは違う】

  • 資格は評価に影響する
  • 取得に多くの時間を取られる
  • 未経験で技術職の場合は資格取得
  • 過去の職歴と似ている場合は不要
  • 未経験にも2種類の意味

 

未経験の職種に転職の場合、技術職であれば資格取得をおすすめします。

逆に専門技術を重視されない職種であれば資格を取るよりも情報収集と転職活動に時間をかけることをおすすめします。

ただし資格は一度取得しておいたら一生残るものですし、勉強することで個人の知識やスキルは確実に上がります。

なので、自分を高めるという意味で取得するのもいいでしょう。

 

多数の転職成功事例

転職エージェントの中でも特に評判が高く、まずは登録しておきたいエージェントはこちらです。

 

リクルートエージェント
【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資

 

マイナビエージェント
【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業
この記事を書いている人 - WRITER -

在職中にお仕事探し!

転職成功実績NO.1。最初に登録しておきたいリクルート

リクルート
【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

サポートの質で選ぶならDUDA

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資

 
20代・転職回数2回以内であればマイナビ

マイナビエージェント
【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.