2020年。今より良い会社へ

30代で新しい仕事って無理?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

30代になると収入面や人間関係、将来的なことなどを考えると転職を視野に入れるようになります。しかし、20代の頃に比べて不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は30代の方で仕事に悩む方へ向けて記事を書きました。
 

30代で新しい仕事は難しい?

20代の若さ、将来性という期待値は30代にとって劣るものです。
しかし、企業によっては20代よりも30代を積極的に採用する会社も多いのが実情です。

 

 

イチから教える手間が省ける

30代を採用されるメリットとしては教育の手間が省けるというのが大きいです。

 

例えば機械オペレーター経験者が転職先でもオペレーター希望であれば即戦力です。

ただ、それだけではなく社会人としてのマナーや考えた方、基礎知識など、高卒の人にはイチから指導しないといけないことも、30代であればすでに備えていることが多いです。

企業にとって先輩が新人に教育するというのは大きな労力となるため、少しでも教える手間を省きたいという企業は多いです。

 

会社に新しい変化をもたらす

新人が入社するというのは会社にとって有益な場合もあります。
30代の方が入社するということは、ほかの会社で経験を積んだあとのためにその人にしかない知識というのもあります。

入社直後にバリバリに成果をだすというのは難しいですが、経験年数を積むにつれて前職の経験をうまくミックスさせて新しい発想を生み出す場合があります。

これらは会社にとって貴重な変化を生み出すことにつながり、会社の組織変化や方向性、作業手順の大幅改善など様々な方向へ結びつきます。

 

実は将来性もあるとみている

多くの人が勘違いしていることですが、転職市場において30代というのは若いとみられています。
現代では40代を超えてから転職をする人も少なくなく、仮に40才で入社したとしても定年まで20年も残っています。

実際に面接官や管理職の方の意見を聞いても、30代であれば将来性を期待して採用する場合も多いと聞きました。

 

30代で新しい仕事はできる

30代で新しい仕事にチャレンジすることは遅くはありません。
転職市場では、転職者が思っているよりも企業が求めていることが多いです。

怖いのは不安に押しつぶされて行動ができなかったり、面接時に「30代なので不安を・・・」などと口に出すことが不利になるということです。

企業側からするとマイナスに考える人よりもポジティブに行動する人を好むのは絶対なので、不安を隠して前向きな言葉や行動を心がけましょう。

 

 

まとめ

この記事で30代で新しい仕事を考えている方に向けてお話しました。

30代は企業から求められている

  • イチから教える手間が省ける
  • 会社に新しい変化
  • 30代は将来性もあると見られている
  • 30代のチャレンジは遅くない

 

世の中には50代や60代から新しいことを初めて成功をする人も多くいます。
人生で健康でいられる時間は限られていますが、30代は人生の中で半分もきていません。

将来的に悩んでいる場合は、思い切って新しいことにチャレンジしてみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

多数の年収UP事例!

転職成功実績NO.1。最初に登録しておきたいリクルート

リクルート
【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

サポートの質で選ぶならDUDA

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資

 
20代・転職回数2回以内であればマイナビ

マイナビエージェント
【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2020 All Rights Reserved.