2020年。今より良い会社へ

ビズリーチの特徴。ヘッドハンターやプラチナ会員ってなに?

WRITER
 
転職







この記事を書いている人 - WRITER -

ビズリーチの特徴。転職ならどんな人におすすめ?

ハイクラスな案件に強い転職サイトのビズリーチ。一体どのような特徴があり、料金体制などはどのようなものなのかって気になりますよね。

そこで今回はビズリーチの特徴を解説し、どんな人におすすめなのかという点もお伝えします。

【ビズリーチ】

【ここがポイント】
年収1000万以上などハイクラスの優良案件が多数
優秀なヘッドハンターとコンタクト◎
40代や50代の方も必見!
総合評価
地域 全国(関東・関西多め)
得意な業界 管理職・外資・金融・コンサル

 

 

ビズリーチの特徴

ビズリーチは他の転職サイトや転職エージェントとは違い、以下の特徴を備えています。

ビズリーチの特徴【40代や50代でも転職成功!】

  • ヘッドハンターとコンタクトが取れる
  • スカウト機能
  • 年収1000万などハイクラスの求人が多い
  • 無料プラント優良プランがある

 

ヘッドハンターとは

【ヘッドハンターとは】
サイトに登録している能力のある求職者のデータベースを見て、求めている人材にスカウトメールを送る人

ヘッドハンターと言ってもビズリーチには審査基準があり、独自の審査基準をクリアした優秀な方のみが登録しています。

吉良

ビズリーチの場合は約3000人ほどヘッドハンターが在籍し、さらには求職者とヘッドハンターが直接メールなどでコンタクトを取れるのが特徴です。

スカウト機能ってなに?

求職者の職務経歴書などをもとに、興味をもった企業やヘッドハンターが案内メールを送ります。

ビズリーチの特徴となるのですが、『スカウト』と『プラチナスカウト』の2種類存在し、どちらも面接確約なので書類審査が免除されるものです。

プラチナスカウトは通常のスカウトに比べて企業やヘッドハンターが強い興味を示しているときに送られるもので、ビズリーチの無料プランでも閲覧することができます。

 

 

ハイクラスの求人が多い

ビズリーチはハイクラスの求人専門の転職サイトです。
基本的には年収600万円以上の案件となるのですが、案件を見てみてみると年収1000万円超えのものも多く存在します。

求職者の持っている職歴が企業やヘッドハンターの求める人物像と合致すれば、現状の年収よりもUPすることも多々あります。経済力の低い企業で役員になるよりも、優良企業の役職に就く方が年収UPすることが多いです。

吉良

ビズリーチ取り扱っている案件としては管理職の経験者を求めるものが多くあります。技術職を経験したスペシャリスト、外資系も多くあるのですが、管理経験がある方はビズリーチで市場価値が高くなります。

 

スタンダード会員とプレミアム会員の違い

無料のスタンダード会員と有料のプレミアム会員では、応募できる求人や利用できるサービスが違います。

 

スタンダード会員(無料)
  1. 求人の検索や閲覧(企業名を除く)
  2. プラチナスカウトの閲覧と受信
  3. 一部の企業への応募

 

プレミアム会員
  1. 求人の検索や閲覧
  2. すべてのスカウトへの閲覧と受信
  3. すべての求人への応募(会員クラスの制限はある)
  4. ヘッドハンターへの相談

 

プレミアム会員ではヘッドハンターへの相談もできるんですね!

春川

そうです。さらにビズリーチではヘッドハンターの機能もあり、経験年数や担当業種、「ヘッドハンター大賞受賞者のみ」など優れたヘッドハンターを探すこともできます。

吉良

※ビズリーチ公式サイトによると、ビズリーチに登録する約2000人のヘッドハンターの中でも、2018年では12人のみがヘッドハンター大賞に選ばれているとのこと。

 

 

プレミアム会員の違い

転職活動を優位に進めるためには、やはりプレミアム会員となるのがベストです。
気になる料金は以下の通りです。

 

会員クラス 月額料金
タレント会員 2980円
ハイクラス会員 4980円

 

タレント会員やハイクラス会員とは求職者のランクを意味しており、マイページを見ると自分の会員ランクを確認することができます。

各自ランクによって2980円と4980円と違いがあります。

 

タレント会員とハイクラス会員の大きな違いは応募できる企業です。例えばタレント会員の方が年収2000万円の案件に応募はできないなど、その人に適正でない企業へは応募ができません。

吉良

ただしタレント会員と言っても年収600万円以上の高額案件ばかりなので、ハローワークで探す求人とはまったく質が違います。
ヘッドハンターに相談ができるのも大きなメリットなので、タレント会員だったとしても優良会員になるメリットはあるでしょう。

 

ビズリーチをおすすめする人

ビズリーチをおすすめする人は以下のどれかに当てはまる方です。

 

  • 管理職の経験者
  • 35才以上で職歴を積んでいる
  • 現在の年収が500万円以上
  • 国家資格などを保持
  • 英語や語学スキルがある

 

即戦力を求める大企業などは若手の20代よりも職歴を積んでいる方を好みます。
実際ビズリーチに登録している方は平均年齢40代とも言われ、年収600万から800万円など年収UPする方も多くいます。

 

ビズリーチをおすすめしない人

一方ビズリーチをおすすめしない人は以下の通りです。

  • 未経験の職種へ挑戦
  • 20代前半
  • 管理職経験や専門技術がない
  • 現在の年収が300万円ほどの方

 

ビズリーチはハイクラス専門で取り扱っているため、未経験の職種へのチャレンジと言えば管理職以外厳しいです。

また、20代であればビズリーチよりもリクルートマイナビに登録した方が多くの求人を見ることができます。

 

ビズリーチを登録するメリット

ビズリーチは登録自体は無料ですることができます。
本人が申し込まないと優良会員にはならないので、ビズリーチに登録だけでもするしておくメリットをお伝えします。

 

予想以上の年収UPも

転職や求職活動をしている人の多くは自分を謙遜している方が多いです。
例えば会社でそれほど大きな実績を残してないとか、専門技術と言っても会社で上位のわけではないなど。

しかし、本人が思う自分の価値と市場価値というのは大きな誤差があることが多いため、予想以上の年収UPを成功することもあります。

 

自分の可能性を試せる

ビズリーチのスカウトは自分がどれくらい求めらるかを知る手段にもなります。
単純な話、一つもスカウトこない状態であればほかのリクナビNEXTなどのほかの転職サイトや転職エージェントを利用した方がいいです。

逆に、多くのスカウトがくる状態であればあなたは市場価値の高い人間だということがわかります。

高額案件を取り扱うJACリクルートという無料の転職エージェントと併用するのもおすすめです。

 

40代や50代でもチャンスが多い

転職市場において20代が絶対的に有利かと言えばそうでもありません。
企業は基本的に「即戦力」か「将来性」のどちらかを求めるのですが、ハイクラスの案件であれば即戦力を好みます。

よって、経験の浅い20代よりもベテランの方が有利となります。

 

さいごに

この記事ではビズリーチの特徴についてお話しました。

興味のある方の中にも、「自分に合っている転職サイト」と思う方と「自分は厳しいかも」と思う方の2タイプに分かれるでしょう。

企業が強く関心を持つプラチナスカウトなどは無料のスタンダードでも閲覧することができるため、登録だけしておいて待ってみるのもいいでしょう。

自分に興味を持つ企業がどれくらい多いかを知る手段というのは限られているため、自分の市場価値を知るために登録してみるのもおすすめです。

 

【ビズリーチ】

【ここがポイント】
年収1000万以上などハイクラスの優良案件が多数
優秀なヘッドハンターとコンタクト◎
40代や50代の方も必見!
総合評価
地域 全国(関東・関西多め)
得意な業界 管理職・外資・金融・コンサル

 

この記事を書いている人 - WRITER -

在職中にお仕事探し!

転職成功実績NO.1。最初に登録しておきたいリクルート

リクルート
【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

サポートの質で選ぶならDUDA

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資

 
20代・転職回数2回以内であればマイナビ

マイナビエージェント
【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.