2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

キャリアダウンで後悔。そんな「今」やるべきことは?

WRITER
 
キャリアダウン







この記事を書いている人 - WRITER -

「もっと良い会社に行きたい」そう思って転職したのにキャリアダウン。
前職のときはまで考えもしなかった転職失敗に直面することって意外と多いです。

そこでこの記事では今からどう対応するべきかという方向性について解説します。

 

注目!

【転職失敗は多くの人が経験】
後悔よりもこれからが重要。今のつらい状況を一度見直そう

 

キャリアダウンで後悔

キャリアダウンといっても職種や給料などいろんな意味で使われますが、大きく以下のような事例が存在します。

  • 年収DN
  • やりがいがなさすぎる
  • 仕事内容が合わない
  • 出世が不可能
  • 全く評価をされない
  • 前職の方がよかった
転職前はおそらく自分に自信をもち、最低でも前の会社よりはよくなるだろうと思っていたことでしょう。
確かに多くの人は「人間関係」や「仕事内容」「社風」というストレスから開放されて環境がよくなります。

しかし、転職活動がうまくいかず後悔する人がいるのも事実です。

では、これから一体どうするべきか。悩んでも今のストレスが緩和されるわけではないので、やはり行動することが重要です。

 

 

今からやるべきこと

キャリアダウンをして後悔している場合、今の状況を見直し、もう一度転職するか今の会社に留まるべきかを判断しなければいけません。

ただしここで焦った行動をするのは危険です。

 

 

すぐに辞めない

情報収集

転職失敗として多い理由が「急いで応募して情報収集や自己分析が不足していた」ということです。

 

辞める前に必要なこと
  • 自分のスキルや職歴を自己分析
  • 転職先に求めることを明確にする
  • 応募する企業の仕事内容
  • 応募企業の社風、雰囲気
  • 多くの求人から客観的に判断

 

前職でかなりの高い評価を受けていても、転職市場においては市場価値が低いこともあります。

吉良

 

 

自己分析をする

あなたの今の職歴、資格、知識や得意なことなどを紙かパソコンに書き出してみましょう。

そして、仕事に求めるものってどんなことかも考えましょう。

  • 年収
  • 仕事内容
  • 人間関係
  • 転勤
  • 社風
  • 出世
  • 時間(残業)
  • 安定

 

その中でも特に自分が譲れないものを明確化します。

頭で考えるのではなく紙に書き出すことで、自分のやりたいことや求めることが自然と見えてきます。
(パソコンの場合は印刷をおすすめします。)

 

自己分析については以下の記事も参考になります。
参考記事:自己分析を成功させえる7個のポイント

 

 

今の会社で解決すべきか

あなたが求めることは今の会社で解決する内容ですか?それとも長い年月をかけると解決できますか?

「例えば仕事のミスが多い」「どうしても仕事内容がうまくいかない」という内容であれば、2年、3年と時間をかければ解決する可能性があります。

しかし、仕事内容が根本的に合わないなど、時間が解決できない状態であれば部署異動か転職を考えなければいけません。

また、先輩や上司の給料がやたら低かったり、会社の役員がほとんど社長と同じ苗字であれば出世と年収UPは厳しいでしょう。

あなたが仕事として求める内容が今の会社で解決できない場合は転職を考えましょう。

注意

「食欲がでない」「休日も一日中仕事を考えてしまう」というように体調に影響を及ぼすところまできたら迷わず転職です。うつ病や精神病になると本当に苦しいので、できればそうなる前に行動しましょう。

 

ハローワークだけで求人を探さない

転職活動においてみんなが思い浮かぶのはハローワーク。もちろん活用するのはいいのですが、ハローワークに載ってきる求人というのは実はほんの一部です。

リクルートやDUDAといった大手転職エージェントや、リクナビNESTのような転職サイトは非公開求人を多く持っています。

【非公開求人】
ハローワークや企業のホームページに載っていない求人。転職サイトや転職エージェントはそれぞれが特有の求人案件を保有おい、登録することで詳細を見ることができます。

 

転職エージェントは必須

情報収集2

転職サイトと転職エージェントは中身が全然違います。
どちらも無料という点は同じですが、転職サイトは「一人で転職活動をするもの」。転職エージェントはプロのアドバイザーがサポートしてくれるというものです。

具体的には以下の表を見ましょう。

 

サポート内容 転職サイト 転職エージェント
適正な職種相談 ×
求人検索 すべて自分で行う 転職のプロがサポート
非公開求人
履歴書作成の添削 すべて自分で行う 転職のプロがサポート
職務経歴書の添削 すべて自分で行う 転職のプロがサポート
面談の日程調整 すべて自分で行う 転職のプロがサポート
年収交渉 ×
面談の練習 ×
求人票にない企業情報 ×
料金 無料 無料

※利用するサイトによっては多少違いもあります。

 

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるのですが、年収UPに焦点をあてた転職エージェントもあります。↓↓

JACリクルートメント

【ここがポイント】
高年収・ハイクラスに強い転職エージェント。
外資系や管理職の案件が豊富。
給料アップを狙いたいなら登録必須!
総合評価
地域 全国
得意な業界 外資,グローバル,管理職

 

また、補足となりますが転職活動は会社を辞める前にもできます。

 

転職エージェントは在職中の方も歓迎しています。中には5社ほど内定をもらってから退職する方もいますし、やはり退職前に次の職を見つけるのが理想です。

 

戻りたいという後悔は絶対だめ

転職失敗したときによくあるのが「前の会社に戻りたい」ということ。僕も過去に辞めた人が会社に戻ってきた人を見てきましたが、これは絶対ダメです。

同僚からやさしく歓迎されると思うかもしれませんが、やはり陰口では「たぶんまた辞める」「あのときの勢いは何だったんだ?」ということを言われます。
そして、何より本人が気まずいようで、結局また辞めてしまう場合がほとんどです。

戻りたいという後悔はいくら考えてもプラスになるません。
転職失敗というのは誰にでも起きる可能性はあります。

なので、そのまま無理して体調を壊す前に情報収集を行いましょう。

 

memo

時間が解決してくれる不満であれば今の会社で残留。
逆に今の会社では今後も解決が見込まれなければ情報収集。
体調に影響がでていれば転職に意思を固める

 

 

まとめ

この記事ではキャリアダウンで後悔しているときにやるべきについてお話しました。

仕事は人生の中でも多くの時間を占めるものです。
小さなストレスであればいいのですが、後悔する気持ちが強いようであれば一度自己分析や情報収集をしてみましょう。

キャリアダウン?【後悔よりもこれからの行動を】

  • キャリアダウンは多くの人が経験
  • 急いで辞めるのはおすすめしない
  • 自己分析で自分が求めるものを把握する
  • 情報収集で転職エージェントは必須
  • 時間が今の悩みを解決するなら留まるべき
  • 今の会社で解決しないなら情報収集
  • 体調不良を起こしたら転職

僕の場合は転職エージェントに相談するだけでもすごく安心感がありました。

複数登録して自分の市場価値を確かめたりアドバイザーとの相性も見ましたが、やはり無料でできるものは活用するべきです。

一度しかない人生、後悔を経験値として自分のものにしていきましょう。

 
 

多数の年収UP事例

リクルートエージェント

【運営会社】リクルート

【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

JACリクルートメント
【ここがポイント】
高年収・ハイクラスに強い転職エージェント。
外資系や管理職の案件が豊富。
給料アップを狙いたいなら登録必須!
総合評価
地域 全国
得意な業界 外資,グローバル,管理職

 

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資
この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.