2021年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

仕事の決断力をつけるために今からできる習慣とは?

WRITER
 
決断力







この記事を書いている人 - WRITER -

「優先順位に迷う」「〇〇の方が良い気がするけどもう少し考えたい」というように、仕事では決断するのに時間がかかることってありますよね。

しかし、ただでさえ毎日忙しいサラリーマンにとって『決断力が早い』ということは自分の時間を多く持てることに繋がります。

そこで、この記事では仕事の決断力をつけるために今からできる習慣についてお伝えします。

決断力をつけるのに才能は必要ありません。ちょっとした習慣の積み重ねや、意識することで決断力は大きく上昇します。

この記事を読んで今から決断力を高めていきましょう。

 

おすすめの転職エージェント
【1位】リクルートエージェント

転職成功実績No1!全ての業種に強いエージェント

【2位】doda

スカウト機能を併用で多くの選択肢から転職活動を!

【3位】マイナビエージェント

20代、第二新卒に強い若手専門の転職エージェント!

 

仕事で決断力は求められる

信頼できる上司とはどのような人でしょうか。「人望」や「適切な言動」「正確な指示」「カリスマ性」など多くの要素があると思いますが、決断力が優れている上司は部下にとって求める能力です。

また、上司にとってもすぐに決断してくれる部下はいろんな業務を任せたくなる相手となります。

必ず納期がある

仕事では「今日中に納品」「明日までに発送」というように、いつまでに行わなければいけないかというい納期が存在します。

このような時間に追われる会社員にとって早く仕事をするという能力はとても大切です。

信頼に繋がる

誰かに仕事を依頼するときに「できるような気がするけど・・・もう少し考えさせて」などと言われると他の人に仕事を任せたくなりますよね?

逆に、仕事を振る時に「15時まででいいならできます」とか「顧客の一覧表だけあればできます」というように何が問題で何が解決できればできるのかをすぐに答えれると安心しますよね。

このようなことは一度や二度ではなく、積み重ねることによって信頼に繋がります。

自分の時間にも繋がる

決断力が早いということは仕事で信頼を得るだけでなく、自分にとっても大きな時間を手に入れることになります。

悩む時間っていくら悩んでも仕事が減るわけではありませんよね?

10分悩む時間が30秒に減ったとしたら、その分他の業務を進めることができます。

こうした時間を生み出す積み重ねは1日に数十分といった時間の節約にも繋がりますし、早く多くの仕事をこなせるようになります。

 

仕事で決断力をつけるには?

副業

では、実際に仕事で決断力をつけるには何をすればいいのか。これは決して難しいことではありません。

これから複数の方法をお伝えしますので、やりやすいものから実践してみましょう。

30秒決断術

ファーストチェス理論という言葉があります。チェスの名人に盤面を見てもらった後、30秒後に次の一手を言ってもらいます。そして、次の一手のために60分間考えて次の一手を言ってもらいます。

するとこれは一致するという結果が出るのです。

家のカーテンを選ぶ時も、一生懸命悩んでも結局一番最初にひらめいたものに決めたりします

見習い

これは誰でも経験のあるものです。慎重に考えたくなるものですが、普段の決断は30秒で決めても問題ないことの方がほとんどです。

吉良先生

普段から30秒以内に決断するということを意図的に実行してみましょう。

 

未決を決断する

仕事では「上司に相談しないといけない」「この決断で方向性が大きく変わる」と言ったように、30秒では決断できないこともあります。

その場合はいつまでに決断するかを決めるのがコツです。

例えば今週中に決めないと業務に支障がでるのであれば、相談相手である上司の今週の予定を考えます。

会議や出張で話せない日があると分かれば、話せるのは水曜日しかないなど限定されてきます。

このように相手の都合を知ってその日に決めないといけないと分かっていれば、何としてればその日に相談しようと自然と体が動くようになります。

2分でできる仕事は「今」する

仕事において「すぐ終わるけど急ぎでない仕事」というのは多くあります。

このような仕事はつい後回しにしてしまいますが、基本的に先に終わらせておきましょう。

なぜなら人間はマルチタスクが苦手と言われており、「後からやらないといけない」と考えていると無意識に集中力が分散化されてしまいます。

人は抱えている仕事を3つより増えると効率が大きく下がると言われている。すぐに終わる仕事は先に終わらせてデスクの上もすっきりさせる

 

自分を肯定する

決断できるかできないかに大きな影響を及ぼすのが「自信」です。
自分の決断が正しいと自分を肯定できれば決断も早くなるのですが、どうしたら自信をもてるのかも悩むものですよね。

そんなときは以下の方法を試してみましょう。

  • 寝る前にポジティブ3行日記
  • 予習する
  • 事前に周りの人と相談する
  • メモを取っておく

寝る前に何を考えるかで、肯定する力は大きく上昇します。

精神科医で多くのベストセラーとなる本も執筆している樺沢紫苑先生は、寝る前のポジティブ3行日記を推奨しています。

前向きなことや、今日の良かったことをたった3行書くだけで自分の人生が幸せになるなら、やらない理由を探す方が難しいですよね。

他にも同僚と事前相談しておくことや、自分で勉強しておいたことは自信をもって発言できます。

ゴールを決めて逆算する

今のあなたのとって仕事でのゴールは何でしょうか。

こう質問されるとほとんどの人は答えれないのではないかと思います。

  • 出世したい
  • お金持ちになりたい
  • 〇〇さんのようになりたい
  • 老後も安心して暮らしたい
このようなゴールを決めておくことは、「あなたの軸」を持つことにつながり、今後の決断や方向性に大きな意味をもたらします。

また、もっと具体的に言うと「今の仕事でどうしたいか」を考えておくとさらによくなります。

例えば「前回より早く作りたい」「新しい人に教えたい」「お客さんに高品質のものを提供したい」など。

このような目的を持っておくことで、判断を求めらたときに決断するスピードが早くなります。

 

まとめ

この記事では仕事の決断力をつけるために今からできる習慣についてお話しました。

仕事で決欄力をつける

  • 30秒決断術
  • 未決を決断する
  • 2分でできる仕事は「今」する
  • 自分を肯定する
  • ゴールを決めて逆算する

人生の中で悩むことや決断に時間がかかることはあるでしょう。

しかし、「心配事の99%は起きない」という言葉があるように、決断をもし間違ったとしてもほとんどの場合は何とかなります。

そして、失敗しても次に活かせばいいだけの話しです。

時間が多く作れるようになれば他の仕事ができたり娯楽に回せるなど多くの使い道ができるため、決断力をつけるために紹介した方法を活用してみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2021 All Rights Reserved.