2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

面接でもらう名刺をしまうタイミングはいつ?その他名刺の注意点も解説!

WRITER
 
名刺







この記事を書いている人 - WRITER -

転職の際に面談で名刺を渡される人は多くいます。
しかし、個人として面接に来ただけなのに名刺を渡されるって慌てますよね?

実はこの名刺を渡すという行為は面接官が応募者の社会人としてのスキルを確かめているので重要な評価対象です。

注目!

【名刺を渡される意味】
面接官は応募者のビジネスマナーを見ている。
名刺の受け取りは評価の始まり!

この記事では名刺に関する知っておきたいマナーや注意点についてお伝えします。

 

名刺をしまうタイミング

名刺は面接終了時にしまいます。

名刺の受け渡しに慣れていない場合はついすぐにしまってしまいたくなりますが、名刺をもらったら机の左側に置くようにしましょう。

名刺をもらったら最初に軽く相手の名前と役職などを確認する。読み方が分からないときはこのときに聞きましょう。

 

面接で名刺をもらうときの注意点

名刺をもらうときには複数の注意点が存在します。
細かいようでも面接官はそこをチェックしているので、マイナス評価をされないように以下の点に注意しましょう。

 

 

文字を手で隠さない

よく言わるのが

名刺は相手の顔
ということ。

名刺は名前や会社でのポジション、連絡先や会社のロゴなど重要な情報が集約されています。
なので、名刺を受け取る際には自分の指で文字が隠れないように注意しなければいけません。

 

 

役職が上の人を一番上にする

面接官は場合のこともあり、複数人の名刺をもらうときは一番役職が上の人の名刺を一番上に置きます。
僕の過去の面談では面接官が3人いたこともあり、「工場長」「直属の上司(課長)」「他部署の課長」という組み合わせでした。

会社の組織変更前や会社の方針で面接官が増えるということは実際にあります。

memo

名刺は必ず重ねなければいけないというわけではありません。役職の順位が分からなければ、机の左側に一枚ずつ並べるのもOKです。

 

自分の名刺は原則不要

名刺は会社の一員として渡す情報です。
そして、転職などでの応募というのは会社員としての行動ではなく個人の活動となります。

応募先に自分の名刺を渡すことはマイナスイメージになることもあり、企業も「個人での名刺の使用は禁止」としている場合もあるので渡さないようにしましょう。

応募先から求められたらどうすればいいんですか?

春川

この場合は応募者のマナーをチェックしている可能性が高いです。
「本日は個人での面接にきていますので、申し訳ありませんが名刺はお渡しすることができません。」ということを伝えましょう。

吉良

 

 

名刺をもらうときは一言添える

名刺をもらうときはだまって受け取るよりも一言添える方が望ましいです。

「ありがとうございます。」と言って軽く礼をして受け取るだけでも印象はあがります。

 

 

名刺をしまうときの注意点

名刺入れ

最後に名刺をしまうときにも注意が必要です。

面接をすべて終えたときはつい名刺の存在を忘れそうになりますが、ここでもマナーを守りましょう。

名刺をそのままポケットにしまうのはマイナスイメージとなるため、カードケースか手帳などにはさんでしまいます。

また、カード入れは派手なものではなくシンプルで落ち着いた色にしましょう。

 

カード入れの選び方
  • 黒や紺色・茶色などの落ち着いた色
  • 高級ブランドは基本的に使わない
  • 革の素材がベスト
  • しわなど使い古し感がないもの

ちょっとしたことですが、これらのことにも気を付けておきましょう。

 

 

まとめ

この記事では面接でもらう名刺をしまうタイミングから始まり、その他の名刺の注意点についてもお話しました。

面接での名刺【面接終了時にしまう】

  • 文字を手で隠さない
  • 役職が一番上の人の名刺を上にする
  • 自分の名刺は原則不要
  • 名刺をもらうときは一言添える
  • カードケースか手帳などにはさんでしまう。

 

面接ではすべての企業が名刺を渡すわけではありません。
しかし、社会人を経験している方での転職の場合は、ビジネスマナーができていないのは減点となります。

実際の面接に行く際には名刺のマナーに気を付けてのぞみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.