2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

TODOリストは不要じゃない。NG例とコツを紹介

WRITER
 
TODOリスト







この記事を書いている人 - WRITER -

プライベートや仕事などで「やるべきこと」を書き出すTODOリスト。世間では「ビジネスパーソンに必要」と言えば「不要」と言い切る人もいます。

そこでこの記事ではTODOリストについて解説していきます。

注目!

【この記事で学べること】
TODOリストのよくある
失敗例とうまく使うコツ

 

TODOリストは不要?

結論を言うと、「TODOリストはあった方がいいもの」です。

もちろんなくても仕事はできますし、メモを取らなくても全て覚えておける自信のある人は不要です。

しかし、毎日複数のやるべきことを抱える日常で、メモを取らないという行為は忘れ物を頻発させている原因と言えます。

だだTODOリストを使わない方がいいという人がいるのは「合わない使い方」をしているケースが多いです。

 

 

TODOリストのNG例

NG

では、どのような使い方がだめなのか。
人は面倒なことはとにかく嫌いなので、TODOリストがめんどくさいものと考えるようになると活用されなくなります。

 

項目の期間が長すぎる

例えば「やらなければいけないことを全て書き出す」という手法。たしかにこれは間違いではないのですが、期間の定めを決めずに書き出すと膨大な量になります。

  • マイホーム
  • 車を買う
  • 自分の老後
  • 来年の旅行準備

上記ほど先でなくても、半年後のやることまで書いてしまっているときは必ずそのTODOリストは途中で見なくなります。

 

パソコンのみで作っている

パソコンで「電源をつける」→「アプリを開く」→「フォルダを開く」→「TODOリストの確認」
これって結構めんどくさいですよね?

パソコンで書くときれいに保存できるというメリットはあるのですが、人間は面倒と思うと続かなくなります。

吉良

 

作成に時間をかけすぎている

完璧主義の人などは特にTODOリストだけで2時間以上とかかります。
そして、時間をかけて作ったのに2週間後には「修正しよう」と再度作り直します。

その結果、TODOリストを作る時間があるなら作業した方が早いという結果になります。

 

TODOリストのコツ

TODOリスト2

TODOリストのコツとしては、先ほどのNG例の逆を行うようになります。

 

期間を2つに分ける

おすすめなのは「1カ月の期間」「今日やること」というように2種類作ること。

基本的にはTODOリストというのは「今日やること」で以外は書いても無駄になることが多いです。

そして、今日限定にすることで書き出す量も削減でき、一日の無駄な作業を減らすことができます。

memo

1カ月のやることは一度書き出すことで全体的にやるべきことが見えます。しかし量が増えるとモチベーションの低下になるので、「1週間中にやること」と「今日やること」の2種類にするのも便利です。

 

手書きかエバーノート

TODOリストを作るうえで一番簡単なのは手書きです。
しかし、中には何度も作り直すのが嫌な方や字がきれいでないとストレスを持つ方もいますよね?

ここは毎日使うスマホを活用しましょう。

エバーノートというアプリを使用すればスマホとパソコンで同じデータを共有できるので、簡単にメモを取ることができます。

エバーノート

エバーノートはかなり便利ですので一度使ってみましょう。

エバーノートのメリット
  1. 自動保存でスマホとパソコンいつでも共有
  2. メールの内容を保存できる
  3. ネットで検索した情報を保存&編集できる
  4. 太字・装飾・チェックリストなども簡単
  5. テキスト画像を保存した後に修正できる
  6. リマインダーがある
  7. フォルダ分けできる

エバーノートは有料プランもありますが、無料プランで十分活用できます。

また、インストールするタイプとスマホアプリ用、Web用と3種類ありますので試してみましょう。

公式サイトはこちら

できるだけ短く書く

やることリストを書く時間はなるべく早くしないと意味をなしません。

例えば僕が今日やることとして書いているものであれば以下のようになります。

  • 記事を一つ作る
  • HTMLを3ページ勉強
  • 子供に足し算練習

自分が理解できればいいので、メモする内容は簡単でOKです。

 

 

TODOリストは朝作る

夜しっかり熟睡した後に脳はリセットされます。
リフレッシュされた状態で予定を書くのは非常に効率よく書くことができ、朝「今日すること」を書くことで充実した一日になります。

 

 

まとめ

この記事ではについてお話しました。

TODOリスト【今日するべきことを書く】

  • 期間を2つに分ける
  • エバーノートを利用する
  • できるだけ短く書く
  • 朝作成する

TODOリストはうまく使うと本当に便利です。

あまり期間を長く設定せず、「今日やるべきこと」だけに焦点を当てることで使いやすくなります。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.