2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

転職に使えるマンダラート活用法

WRITER
 
マンダラート5







この記事を書いている人 - WRITER -

マンラダートと言えば野球で有名な大谷選手が夢を実現するために使ったとして有名ですが、これは転職の際にも有効です。

目標を達成するには人は多くのやるべきことが存在します。
この記事ではマンラダートの作り方と転職の際での実用例を紹介します。

注目!

【マンダラート】
目標達成するために
やるべきことが見える手法!

 

マンラダートってなに?

マンダラートは以下のように言われています。

マンダラートは、発想法の一種[1]。紙などに9つのマスを用意し、それを埋めていくという作業ルールを設けることにより、アイデアを整理・外化し、思考を深めていくことができる。

引用元:ウィキベリア

今泉浩晃によって1987年に考案されたもであり、日本ではメジャーリーグでも活躍する大谷選手が実際に活用したことで有名です。

 

マンダラートの作り方

マンラダートの作り方は簡単です。

マンダラートの手順
  1. 最終目標を決める
  2. 目標につながるタスク(必要なこと)を8つ書く
  3. 8つのタスクを新しい9マスの中心に書く
  4. すべてのマスを埋める

 

言葉にすると少しわかりにくいので、画像とともに解説します。

吉良

 

最初の9マスを埋める

マンダラート2

まず最初に最終目標を決めます。

  • 貯金〇〇円
  • マイホーム
  • ダイエット〇〇キログラム
  • 資格取得

 

この目標がしっかりと決まっていると、今後のやるべきことがブレないようになるのですごく大切です。

 

最終目標が決まったら、その目標を達成するために必要なタスク(やるべきこと)を埋めます。

 

新しく9マスの表を作る

新しく9マスの表を準備し、最初に書いたタスクはそれぞれのマスの中心に書き出します。

そして、すべての表でやるべきことを埋めると完成です。

 

転職でのマンダラート実例

実際に転職の際での実例を紹介します。

マンダラート1

まずは目標を「転職成功」とシンプルに作りました。

そして、転職成功するためにはやるべきことを8つ書き出しました。

  • 自己分析
  • 年収UP
  • 情報
  • 職種
  • 面接
  • ブラック企業
  • ツール
  • 書類

 

人によって優先するべきことは違います。また、上記の表のように「目標達成のために知りたいこと」を書くこともおすすめです。参考を見て、あなたのオリジナルのマンダラートを考えましょう。

 

マンラダートの完成図

マンダラート4

このようにすべての表を埋めました。

情報を得るためには「企業研究」で多くことを調べることが必要ですし、求人票の見るポイント失業手当も知っておきたい内容です。

また、無料で活用できるのに転職エージェントと転職サイトの違いもあまり知られていません。

転職活動は知っているか知らないかだけで転職成功率が大きく変わります。

 

無料で利用できるものは利用し、得られる情報は一つでも多く吸収していきましょう。

 

 

まとめ

この記事では転職で活用できるマンダラートについてお話しました。

転職に使えるマンダラート活用法【目標達成にやるべきことがわかる】

  • 最終目標を決める
  • 目標達成に必要なタスクを書く
  • それぞれのタスクを中心に9マスを埋める
  • 情報は知っているかで転職成功率が変わる

 

以下の記事にそれぞれのリンク先をまとめています↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.