2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

Webデザイナーの種類と求められるスキル

WRITER
 
デザインの種類







この記事を書いている人 - WRITER -

現代ではネットの普及が増え、Webデザイナーという職が注目を浴びています。

しかしWebデザイナーといってもどんな種類があって求めらるスキルは何なのか。

そんな疑問にお答えします。

 

 

Webデザイナーって?

design

Webデザイナーはホームページの作成やデザイン、ロゴ制作などを行う職です。

Webデザイナーと言えばデザインのことばかり主に行う仕事としては、サイトの全体構成やレイアウト、配色決めやアイコン作成など様々です。

また、LPページと呼ばれる商品購入するためのページや消費者が購入しやすいボタン配置なども考えるため、消費者にとって使いやすいサイトを作る必要もあります。

 

 

Webデザイナーの種類

Webデザイナーといっても、働き方には大きく3種類に分かれます。

 

 

クライアントとの契約

大手などのIT企業では個人や企業のクライアントに対してデザインを担当します。

まずはクライアントが

「どんなサイトデザインにしたいか」
「何をメインに売りたいか」

など意図を確認しなければ始まりません。

つまり、Webデザイナーと言ってもクライアントと話し合いなどを行うため、コミュニケーション力も必要となります。

 

 

 

自社のホームページ

一般に企業が外注にホームページを依頼すると、高額の費用を取られます。

小企業など予算が少ない会社はこの費用を抑えたいため、ある程度技術を持った社内の人材でホームページを作成します。

うまく結果を残せば社内の評価は上がりますが、Webの知識を持った先輩が少ないので自分で基本的には作らなければいけません。

 

 

フリーランス

デザインーフリーランス

最後にフリーランスとして働く場合。

金額もプラン設定などもすべてが自分で決めれるため、フリーランスは自分のスキルに応じたオファーができます。

上司からの指摘がないので自由にできるという利点がありますが、最初は信用を得るための証拠が不足します。

 

Webデザイナーに限ったことではありませんが、最初は【無料お試し】などでお客様の声を集めたり、自らが作ったサンプルをサイトに載せておくことで信頼を高めます。

 

また、実名と顔写真を載せたり法人化しないと信用度が薄いため、流れができるまでは苦労します。

ワンポイント

現在ではSNSだけで集客する手法や広告費を払ってサイトの1ページに載せる方法もあります。

手法は数えきれないほどあるので、フリーランスであれば自分に合った手法を探しましょう。

 

Webデザイナーに求められるスキル

特別な資格が必要とは言われていませんが、やはり企業から採用されるとなるとスキルが必要となります。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Illustrator
  • Photoshop

HTMLやCSSなどはサイトデザインや構成設計するための言語です。
ワードプレスを使えば現在は有料テーマできれいなデザインが手に入りますが、
クライアントの要望に応えるには専門の知識が必要となります。

PhotoshopやIllustratorは画像編集などに使うツールですが、書店にも多く販売されているので見てみましょう。

 

 

合わせて持っておきたいスキル

さきほどのスキルは一般に言われるデザイナー用のスキルです。

しかし、個人的には「コミュニケーション力」や「向上心」「協調性」なども必要と考えています。

なぜならクライアントの希望を聞くときには必ずコミュニケーション力が必要となり、信頼を得なければいけません。

そして、Webデザインには答えというものがなく、言語もどんどん新しいものがでてくるので向上心が常に必要となります。

やっぱりWebデザインだけのスキルではやっていけないんですね

春川

逆に言えば向上心などを見せれば知識が低くても評価される可能性はあります

吉良

 

 

 

フリーランスは特殊

スペシャリスト

最近ではフリーランスという言葉が人気を集めていますが、フリーランスであればさらに必要なスキルが増えます。

  • SEO対策
  • マーケティング
  • 人脈
  • ライティングスキル

 

ワンポイント
SEO対策とは、Googleで最初の1ページ目などに上位表示させるための対策です。
キーワード選びや文章校正、内部リンクなど様々な対策があり、何も考えずにサイトを作っても上位表示される可能性は低いです。

企業のサイトデザインをするのであれば、企業名でユーザーが検索すればすぐに一番上に表示されます。

しかしフリーランスとなれば知名度がないため、まずはGoogleで上位表示させる対策をしなければいけません。

 

また、

「消費者が何であなたのサイトに依頼したいと思うか」

などのマーケティングスキルなども必要となります。

なのでフリーランスとなればWebデザイン以上に他のスキルも必要となってきます。

 

 

 

 

 

まとめ

この記事ではWebデザイナーの種類と求められるスキルについてお話しました。

まとめ
  • Webデザイナーとしても大きく3種類ある
  • HTMLなどの専門知識が必要
  • Photoshopなどの画像編集スキル
  • フリーランスの場合はSEO対策なども必要

 

Webデザインといっても学ぶことは多いです。
ですが、デザインスキルを持つと市場価値の高い人材となります。

一度習得したら確実にあなたの力になるので、勉強して知識をもつことをおすすめします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.