2020年。今より良い会社へ

フローチャートのメリット。どんなときに使うの?

WRITER
 
フローチャート







この記事を書いている人 - WRITER -

仕事においてフローチャートは便利です。
しかし、「フローチャートってなんで作るのか」や「どんなときに使うと便利なのか」って知らない人も多いです。

そこでこの記事ではフローチャートのメリットや実際に使う場所についてお伝えします。

フローチャートって何?

フローチャート1

フローチャートとは、業務の流れや手順などを図で示したものです。
主に「長丸」や「長方形」「ひし型」「矢印」などシンプルな図形で書かれていて、手書きで書く人もいればパワーポイントやエクセル、「draw.il」などのツールを使って作成することもあります。

 

フローチャートが使われる場所

実際によく使わる場所では「プログラミング」「業務フロー」での2種類があります。

プログラミングはPHPやRubyといった専門のプログラミング言語もありますが、エクセルのVBAなどでもフローチャートは活用されます。

それぞれのメリットとしては少し違いますので、両方についてお話します。

 

プログラミングでのメリット

プログラミングでは以下のメリットがあります。

メリット
  • きれいなコードが書ける
  • コードが早く書ける
  • 保守・メンテナンスにも良い

 

例えばアンケートの送信フォームの場合・・・

フローチャート3

未入力や感想を10文字未満のときにメッセージを出したいとします。

フローチャート4

 

 

 

きれいなコードが書ける

プログラミングをする場合はIFなどを使用して条件分岐することが必ず起きますが、場合によって向いている書き方は違います。

  • IFのネストを使うのか
  • Caseを使うのか
  • 変数はどの型にするのか
  • コードを複数に分割するのか

イメージが沸かない方は「そんなものがある」という程度でかまいません。」

吉良

フローチャートを利用することでプログラムの全体がわかるため、コードの書き方も無駄が少なくなります。

 

 

コードが早く書ける

条件分岐をするならユーザーが入力した直後なのか。それとも入力ボタンを押したときに条件を分岐するのか。

また、そのコードは他のコードでも使うことがあるのかなどを視覚化することでスピードが上がります。

コードが複雑になればなるほどフローチャートは威力を発揮するようになるので、初心者のうちから慣れておくといいでしょう。

 

保守・メンテナンス

プログラミングをしててよく思うのが、他人が書いたコードほど難しいものはありません。

人によって書き方の特徴があるのですが、基本的にみんなコメントを残します。

 

【コメントについて】
プログラムを入力する場所には、プログラムと関係のなく自由に説明文を残すことができます。
(言語などによってコメントの書き方は違う)

 

丁寧な人であれば「ここからアンケートのフォーム」「ここまでアンケートのフォーム」など分かりやすくコメントを残している人もいますし、エクセルVBAなどでもプログラムの書く順番を自由にできるので、全体の流れを知ってて書くことでメンテナンスをしやすいコードを書けます。

 

業務フローでのメリット

業務フローでは以下のようなメリットがあります。

メリット
  • 全体の流れが分かる
  • 問題点の分岐
  • 新規プロジェクトに有効

 

全体の流れがわかる

フローチャートをすることで全体の流れが視覚化されます。

ふだん自分の部署の仕事内容はわかりますが、ほかの作業者の手順や会社全体の流れって何となくしかイメージが沸かないですよね?

会社の中でも管理職の方などは必須となります。

 

問題点の分析

部署内だけでもフローチャートは便利です。

例えば製造でのNC機械作業者であれば

  1. 部品の傷確認
  2. 図面確認
  3. 加工手順を考える
  4. 段取り
  5. プログラム入力
  6. 加工
  7. チェック

このように流れがありますが、正確にはもっとかなり複雑です。

最初に傷があれば前工程に報告ですし、チェックをしたときにミスが発覚すれば再製作となります。

 

ミスが多い部署であれば「加工前になぜチェックをしないのか」というように問題点が明確になります。

 

 

新規プロジェクト

過去に実績のない業務をするときには必ずフローチャートが必要となります。

例えば僕の体験談であれば「会社の標準BOX作成」といった業務にも携わったのですが、頭の中だけで進むのは現実的に不可能です。

  • Aタイプの条件
  • Bタイプの条件
  • Cタイプの条件
  • Dタイプの条件
  • Eタイプの条件

 

フローチャートをすることで全体の流れ、問題点、条件分岐など多くの情報が分かるようになります。

 

まとめ

この記事ではフローチャートのメリットについてお話しました。

フローチャート【プログラミングや業務にメリット】

  • きれいなコードが欠ける
  • コードが早く書ける
  • 保守・メンテナンス
  • 全体の流れがわかる
  • 問題点の分析
  • 新規プロジェクトで見える可

フローチャートは最初はめんどくさいと思うかもしれませんが、やってみるとかなり便利です。

手書きで簡単に書くのでもいいので、まずは実際にやってみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

在職中にお仕事探し!

転職成功実績NO.1。最初に登録しておきたいリクルート

リクルート
【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

サポートの質で選ぶならDUDA

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資

 
20代・転職回数2回以内であればマイナビ

マイナビエージェント
【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.