2020年。今より良い会社へ

上司が仕事できない会社の危険性

WRITER
 
仕事できない上司







この記事を書いている人 - WRITER -

仕事ができない上司って多くいます。それが他人事ならいいのですが、自分の上司の場合は危険です。
もしあなたが能力のあるスキルを持っていたり仕事をこなしたとしても、だめな上司の元では給料は上がりません。

人生の大きな時間を占める仕事を無駄にしないためにも、今回は仕事ができない上司がいる理由や危険性、仕事ができる上司についてお話します。

 

注目!

【上司の違い】
だめな上司では将来もない。
期待と違って上司は成長しない

 

仕事ができない上司がなぜいるの?

まずは上司がなぜ仕事ができないのかという理由を考えてみましょう。
過去に複数の会社を見てきましたが、仕事ができない上司にはいつかのパターンがあります。

 

管理職に向いていない

上司が仕事できない

現場の仕事ができるといっても管理職ができるとは限りません。
管理職となると「指導力」や「判断力」「管理能力」など様々な能力が必要となります。

出世するときには上記のような能力を見ずに管理職につく人は多いため、役職につくと全く向いていない人だったという場合があります。
 

自分を過信する

会社から評価を受けて地位を得ると、人は「自分は能力の高い人間だ」と考えます。
自信はモチベーションを高めるために良いことではあるのですが、自分の能力を過信して「部下より何でもできる」と勘違いする上司がいます。

ですが、実際には部下にも得意なことがありますし、上司が持っていないスキルや経験を持っていることも多々あります。

現実的には上司は「自分が正しい」という思い込みから部下の話をしっかり受け入れない人がいます。

吉良

 

 

実力がないのに出世した

出世する人といっても運や偶然の場合があります。

  • 偶然担当した案件が高案件だった
  • 同じ部署の人が管理職を嫌がる人の集まりだった
  • 飲み会で部長に気に入られた
  • 年齢や経験年数が上だったから
  • 売り上げの数字だけで昇進した

実際にあった営業の話では、
「入社して担当になった客先が利益のでる案件だった」という強運だけで高い売り上げ高を持ち、「一度も新規顧客を取ったことがない」という実力のない状態で課長になった人もいます。

結果的には部下に指導する能力もなく部署全体で足を引っ張るチームとなっていました。

 

だんだん仕事できなくなる

上司によっては最初は仕事ができたのにだんだん仕事ができなくなるという人もいます。

人の上になる立場になると、さぼろうと思えばいくらでもさぼれるんです。
なぜなら自分が仕事の割り振りを決めることができるため、嫌な仕事は自分以外の経験年数の高い人に渡せますし、各担当者を決めることで責任を分担することもできます。

仕事を振り分けて担当者を決めるのは正しいこと。
しかし、限度を考えずに何でも人に任せるのは仕事ができない上司

 

上司が仕事できない危険性

上司が仕事できない危険性

自分の上司が仕事ができない場合、これは自分に大きく影響を与えられます。
以下の危険性を必ず知っておきましょう。

 

正当な評価をされない

だめな上司は部下を正しく評価することができません。

特に典型的だったのが会社の中で自分のポジションを最優先する上司が存在していたという実例です。

【新規プロジェクトで失敗した場合】
事前に決めていたリーダーに責任を負わせ、一方的に叱って「おまえが悪い」と強調する

 

【成功した場合】
補助金の申請などの重要書類なども全て部下に作らせ、役員の集まる会議での発表のときだけ上司が成功をアピールする

すごいと思ったのが本当にこのような手法で取り締まり役まで上がる人がいることです。
実際に書類を作成したり努力をした社員は一切評価をされず、問題が起きたときの責任だけは全て負わされていました。

 

給料が上がらない

先ほどのような例では当然給料は上がりません。
報酬や評価は全て上司がとっていくので、社員がいくら頑張っても上層部は知らないんです。

他の部署の課長や先輩、一部の人が事実を知っていたとしても、給料を上げる査定にはなかなか関与ができません。

 

 

面倒な仕事は上司はやらない

仕事ができない上司は難しい仕事をやるスキルをもっていません。

能力がないのに偶然出世した上司は難易度の高い仕事を嫌いますし、失敗するリスクを負うぐらいならほかのベテランに任せます。

仕事ができる上司ならアドバイスやフォローなど行ってくれますが、だめな上司の場合は本当に丸投げ状態です。

 

部下の悪口は超一流

だめな上司の特徴でもあるのですが、部下の悪口は常に言います。
これは助言や叱るといった優しさではなく、冷たく引き離すような言葉です。

そして問題なのは部長や取締役がその言葉を鵜呑みにし、「その社員が能力が低い」と信じてしまうことです。

 

中には直接本人に悪口を言う上司もいますので、以下の記事も見てみましょう。

 

上司は簡単には変わらない

仕事中にミスはどうしても起きます。しかし、世の中には鼻で笑ったり「見下す」ような言葉を言って笑う人も大勢います。 他人のミスを笑う人は会社での立ち位置も失いますし、人間関係も大きく下げます。 そこでこの記事ではどのようなことが起きるのかなどを説明していきます。   こんな笑いは絶対だめ 上から目線で笑ったりばかにするような言葉は絶対にだめです。   <div class="surround "boader" "> 「なんでそんなミスするの?」 「え~・・ありえん」 「まだそんなミスするんだね」 </div>   <div class="voice r"><div class="voice-box"><div id="voice-r"><p class="txt">想像しただけでも腹が立ちますね</p></div></div><p class="img"><img src=""https://tensyokukira.com/wp-content/uploads/2018/12/h5.jpg"">"春川"</p></div>   <div class="voice l"><div class="voice-box"><div id="voice-l"><p>鼻で笑う人。黙って笑う人も同じ最低です</p></div></div><p class="img"><img src=""https://tensyokukira.com/wp-content/uploads/2018/12/k5.jpg"">"吉良"</p></div>   他人のミスを笑うと・・・ 先ほどのような人は本人が自覚がなくてもいずれみんなから嫌われます。 また、最初は周りも合わせてくれていてもどんどん距離を置かれるようになります。   ミスした人から徹底的に嫌われる ミスをした人というのは、言われなくてもひどく傷ついている状態です。 強がっていても内心は 「確認したはずなのに」「客先に謝りにいかないと・・・」などと強いストレスを持っています。 このような状態のときに上から目線で言われたり笑われると当然嫌われることとなります。   孤立する 嫌われるのは笑った相手のみではありません。 他の同僚からしても <div class="surround "boader" "> 「あいつと関わったら自分も悪口を言われそうだ」 </div> と距離を置かれるようになります。   僕が実際に見てきた同僚などでは <div class="surround "yellow" "> 「あいつは人のミスをいつも笑うけど自分は全然仕事できないんだよなぁ」 </div> というようにかなり低い評価を受けていました。   自分が困ったときに誰も助けてくれない 会社においてコミュニケーションや人間関係は重要です。 これは役職についた人も同じで、工場長もかなり孤立した状況を見ました。   実例を挙げると、工場長が会社の命令でベトナムに3年以上出張という話がでたとき、かなり嫌だったようで部下に相談していました。 そして当時部下や同僚から実際に言われていた言葉は <div class="surround "boader" "> 「いってらっしゃい」 「頑張ってください」 </div>   と誰も引き留めるひとはいませんでした。 さらに話を聞いていると、奥さんからも「一人で行ってきてね」とあっさり言われたようです。 やはり毎日の言動が積み重なるとこのように誰からも相手にされなくなるのです。   ミスは共感またはフォローする 他人がミスをしたときは笑うのではなく共感する。もしくは一緒に対策を考えるなどフォローをしましょう。 簡単に事例を挙げてみます。 共感&アドバイス 「分かる!自分も同じ失敗をしたことがある。だから俺の場合は同じミスをしないように〇〇で下準備してから作業しているよ」   先輩や上司が同じミスをしていると聞くと、新入社員などからは特に親近感を持たれます。 また、アドバイスをもらうことで「やっぱりこの先輩はすごい人だ」という経緯を持たれます。     励まし&フォロー 「気にするな!客先に一緒に謝りに行こう」   こんな先輩がいたら頼もしいですよね。励ましてくれるのはもちろん嬉しいのですが、「一緒に謝ってくれる」「対策を指示してくれる」というのは本当に助かります。 <div class="voice l"><div class="voice-box"><div id="voice-l"><p>人助けをすると、後日自分が困ったときには逆に助けてもらえるようになります。</p></div></div><p class="img"><img src=""https://tensyokukira.com/wp-content/uploads/2018/12/k1.jpg"">"吉良"</p></div>     まとめ この記事では他人のミスで笑ってはいけないという話についてお話しました。 他人のミス【笑うのではなくフォローをする】 上から目線で笑うのは絶対ダメ ミスした人から徹底的に嫌われる 孤立する 自分が困ったときに誰も助けてくれない ミスは共感かフォローする   人のフォローやアドバイスをするというのは実は自分の勉強にもなります。 対策を一緒に考えることで「自分がミスをしたとき」にもすぐ対応できますし、そのミスを防ぐ方法も身につくことができます。 人のミスを笑って嫌われるのではなく、助けることができる人物となりましょう。

プライドが大きく邪魔をする

問題なのは上司があなたの期待するように良くはならないということです。

 

「そのうち自分を評価してくれるはず」という感情を持つかもしれませんが、だめな上司というのは本当に「いかに自分が出世をするか」を考えています。

 

なので自分の立場が悪くなるようなトラブルを起こさせると激怒しますし、反論だって認めません。

そしてプライドだけは異常に高いことが多いので、

「先ほどの件ですがこっちのやり方の方が安全で早いと思うのですが・・・」

などといった進言も認めません。
大体の場合は否定から始まります。

 

上層部への自己アピールは神業

部下を悪くいうことは多いのに、自分の評価を上げる言葉は達者です。

例えば板金の会社の実例でいうと、

「新しい金型の購入で実験をしました。各板厚の曲がる最大範囲を確認し、溶接の負担を大幅に減らせるように数値をまとめました。」
というような言葉を長文で役員に報告しています。

しかし、実際に現場の社員の言葉は

「そんな実験をしなくても自分い聞いたら2分でわかること。100歩ひいて実験するとしても、そんな30万円もかけて実験しなくても1万円ほどの材料費で全てわかる」

と愚痴っていました。

ただ結果的にはこの上司はアピール力がすごかったので自分の評価だけ役員から賞賛されていました。

このような上司は何年経ってもその性格が変わることはありません。

 

仕事ができる上司も存在する

ポイント

今回は仕事ができない上司を例に出しましたが、実際は仕事ができる頼れる上司もいます。
そのような上司がいる部署は雰囲気もいいですし、部下も自然と上司を慕います。

 

自分を認めてくれる

できる上司は部下の能力を素直に認めます。

例えば

  • ドリルで穴開けは彼がナンバーワン
  • 業務の進捗状況の管理は任せた
  • この仕事は俺よりうまい
  • 初めての仕事でもやってみな

などと部下の能力をどんどん引き上げようとします。
そして、もちろん難しい仕事などは任せるだけではありません。

 

失敗をフォローしてくれる

初めての仕事ってどうしても失敗が起きてしまいますよね・・・

春川

失敗やトラブルが起きたときこそ上司の力量に明暗が分かれます。

吉良

トラブルが起きたときの上司の対応は本当に全く違います。
仕事ができる上司はとにかく判断力やスピーディさが優れているのですが、部下に対しての指示する能力も高いです。

また、部署長同士の連携や社長への相談、部長への報告といった部下では動けないこともすぐに上司が動いてくれます。

 

 

メリハリがある

できる上司というのは褒めると叱るの使い分けもしっかりしています。

過去に会社で最速で出世した上司を見ていた時は、部下の良い分や意見を最後まで聞いたうえでアドバイスをし、間違っていることは理由を含めて叱っていました。

甘やかすのが正しいわけではないので、やはり正しい叱り方や助言をくれる上司というのは頼れると思いました。

 

 

まとめ

この記事では仕事ができない上司の危険性についてお話しました。

上司が仕事できない【だめな上司は自分の出世を優先】

  • 上司が管理職に向いていない
  • 自分へ正当な評価をされない
  • 給料が上がらない
  • 面倒な仕事は部下の仕事
  • 部下の悪口は超一流
  • 上司は簡単には変わらない
  • 仕事ができる上司も存在する

 

世の中には仕事ができる上司はいっぱいいます。
今のあなたの上司がだめな上司である場合は、今の状況から抜けさすことも考えましょう。

いくら頑張っても評価されない現状より、正しく頼れる上司の下で働く方がスキルアップにもつながります。

自分の人生は自分で変えていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

多数の年収UP事例!

転職成功実績NO.1。最初に登録しておきたいリクルート

リクルート
【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

サポートの質で選ぶならDUDA

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資

 
20代・転職回数2回以内であればマイナビ

マイナビエージェント
【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.