2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

経験を活かせる仕事に就いてよかったこと

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

仕事先を決めるときに『経験を活かせる仕事を探す』か『未経験の仕事を探す』かというものは悩むものです。
そこで今回は経験を活かせる仕事に就いたときに思う利点やよかったことについてお伝えしていきたいと思います。

注目!

【経験を活かせる仕事は有利】
求職中から転職後も利点が多い

 

転職先を決めるまでの時間が早い

求人によっては『経験者優遇』や『未経験OK』などと様々な方法で募集をされていますが、やはり似た職種の経験者というのはかなり有利です。

例えばCAD経験者がCADの業務の募集に応募をすると、面接官からかなり興味を持たれます。

そして、実際の経験者の体験談では以下の実例がありました。

  • 応募先から連絡がきて書類審査が免除となった
  • 面接にいくと最初からほぼ採用決定だった
  • 在職中ということも考慮されて面接日程の調整をしてもらえた
  • 面接の次の日に採用連絡がきた
仕事を探している人にとって、やはり応募から内定までの期間が短いというのはかなり嬉しいものでしょう。

 

 

仕事内容が分かる

経験を活かせる仕事が有利というのは内定までの話ではありません。やはり転職したあとの仕事についていけるかが不安になることも多いでしょう。

会社によっては社風や考え方、手順が全く違ったりするのでなので戸惑うことも多いです。
しかし、やはり経験を活かせる仕事に就くと、【専門用語】や【機械名】、【同業者の名称】など基礎的な知識を多く持っています。
なので、前職の一年目に覚えることにかなり苦戦したことでも、結構スムーズに頭に入るものが多いです。

そして、教えられてことがスムーズに頭に入るということは当然社内でも高い評価を受けることにつながります。

 

 

前職の悩みが解消

転職者にとってやはり前職の辞めた理由が解決するかというのは最重要ではないでしょうか。

  • 給料が低い
  • 人間関係が合わない
  • 会社の将来が不安

これらも多くの場合は解決します。
未経験の職種に就くと大体募集金額の最低金額での採用とされますが、経験職となると全く違います。
面接官から希望の給料を聞かれたときに、経験者ということを考慮してもらうようにある程度高めに金額を提示しても案外通ります。

実際に聞いた経験談でも、「7年勤務した会社よりも転職後の最初の給料の方が給料高かった」という実例があります。

面接官にとって前職の給料は査定にとって重要材料であり、給料面で転職を希望している場合はある程度考慮されやすいものです

吉良

 

人間関係は必ず変わる

転職理由で多くの場合は人間関係が嫌というものです。
仕事を変えるということは単純に前職の嫌だった人とは縁を切れます。

なので、毎日文句や無理なことを言いつけてくる上司はいなくなりますし、どうしても合わなかった同僚とも顔を合わせなくてよくなります。

転職理由が人間関係だとしても面接では言わない方が得策です。
人間関係が嫌で仕事を変えるというのは良く思わない面接官が多いため、面接においてはリスクが高いものです。

 

さいごに

この記事では経験が活かせる仕事に就いた場合についてお話しました。

 

経験が活かせる仕事【求職も転職後も有利】

  • 次の仕事が決まるまでが早い
  • 新しい会社でも仕事内容が分かる
  • 給料は交渉しやすい
  • 前職の悩みが解決

未経験の仕事か経験を活かせる仕事に就くかというのは悩むものでしょう。
ただ、やはり前職の経験が活かせる仕事というのは利点が大きいものです。

もし仕事を変えたい理由が給料面や人間関係、社風といった場合であれば、経験を活かせる仕事を探した方がいいでしょう。

 

ただし次の会社が本当に経験を活かせる会社かどうかというのは見極めなければいけません。

なので、応募をする前に情報収集はしっかりしておきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2020 All Rights Reserved.