2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

みんなの悩みは仕事や収入が不満!?統計から分析!

WRITER
 
仕事の悩み







この記事を書いている人 - WRITER -

多くの人は悩みを持っています。「収入」「老後」「仕事」など・・・。

そこで一般にどんな不満をみんなが持っていて、どんな理想を持っているかなども調べました。また、統計の結果を考えてどんな解決策が必要かなども書きましたので、一つずつ見ていきましょう。

 

 

統計から不満を分析

内閣府の政府広報室では世論調査が行われていました。

各項目ごとに悩みや不満の統計をとっていたので、特に気になったところをピックアップします。

 

 

約6割の人は悩みや不満を持っている

悩み統計1

↑内閣府世論調査より

 

このグラフから分かるように、平成30年だと63%の人が不安や悩みを持っています。
平成初期のころでも半分の人は悩みを持っていたようですが、平成8年頃からさらに不満をもつ人が増えているのが分かります。

 

では、具体的に何を悩んでいるのでしょうか?

 

食生活は満足している

食生活の表も見てみましょう。

悩み統計2

↑内閣府世論調査より

 

 

おいしいものを食べたいとかそこまで欲求が高くないんですね!

春川

確かにいいものを食べたいはあるけど、悩みの中では強い悩みじゃないみたいだね

吉良

 

ちょっと意外でもあったのですが、約9割の人は今の食生活に満足しているようです。

 

「焼き肉食べに行きたい」
「贅沢したい」

このような言葉をよく口に出してしまいますが、冷静になって考えてみるとそこまで深刻な悩みではないようです。

 

 

資産・貯蓄は不満

一方、現在の資産や貯蓄については強い不満を感じていることが分かります。

悩み統計3

↑内閣府世論調査より

 

やはり多くの人は老後を見据えたり「自分の体調が悪くなって働けなくなったら・・・」というようなことを考えて将来のためにお金を残しておきたいのでしょう。

また、現在の収入に対しても約半数の人が不満を持っていました。

 

 

重い悩みの内容

多くの人は将来のための貯蓄や健康面、収入面で悩みを持っています。

世論調査では以下の悩みがランクインされていました。

悩みの内容
  1. 老後の生活設計
  2. 自分・家族の健康
  3. 今後の収入や資産について
  4. 現在の収入や資産について

 

言われてみると確かに将来不安と感じるのではないでしょうか。

 

人間関係よりも収入の不安

現在は最低賃金の規定や残業規制などで働きやすい環境となっていますが、実際のところは今の収入では老後が不安など貯蓄をもっとしておきたいと考えています。

 

確かにテレビでも「ガンになって高額費用・・・」や「突然の事故で働く仕事が限定された」なんてことを耳にします。

僕の身近にも脳卒中やガンなどにかかった人はいるので他人事ではありません。

 

会社によっては労働者には伝えていなくても借金を抱えている会社や赤字を連続でだしているところもあります。従業員のモチベーションを下げないために隠していることも多々ありますが、業績の悪い会社であればいくら頑張っても給料UPが難しいいう状況もあります。

収入や人間関係など多くの要因がありますが、現在では2人に1人は転職経験があるというデータも出されています。

 

 

では、理想的な仕事とはなんでしょうか?

気になってみたところ、実はこれも内閣府の資料で用意されていました。

 

理想的な仕事とは?

理想の仕事

↑内閣府世論調査より

 

理想的な仕事と言えば収入面や仕事面、人間関係など思い浮かぶものは多いですが、統計結果を見てみると安定した給料や楽しさを求められているのが分かります。

 

 

高収入よりも安定がほしい

よくネットやツイッターなどのSNSでは「フリーランス」「月100万円の高収入」なんて言葉を見かけますが、基本的にはみんなが求めているのは違います。

 

今の生活と老後に安心して生活できるための安定収入。

 

これが何よりも最優先です。

フリーランスと言えば高い収入の可能性がありますが、「収入が安定しない」というデメリットがあります。
そういったことを考えると、やはり会社員として働く方が安定した収入が見込めます。

 

 

収入と共に楽しさを求める

理想的な仕事と言えば安定性と共に楽しさが上位にランクインされていました。

仕事と言えばどうしてもつらいと思う仕事や不満を持つことが多いのですが、人って自分が好きな仕事ならある程度しんどくても頑張れたりします。

 

僕も会社員の業務の後に夜中にHTMLやCSSといった専門用語を勉強していたりするので、自分が好きなことってしんどいとか忘れて熱中できたりします。

安定した仕事が大事ではあるのですが、やはり自分らしく生きたいと思うと好きな仕事に就くのが理想です。

 

 

収入、仕事の悩みを解決するには?

やりがいとメリット

 

ここまでの内容で「安定した収入」「老後のための貯蓄がもっと必要」というのが悩みだということがわかりました。
また、求める理想の仕事は安定した収入や楽しさです。

ですが、悩みを抱えている以上はこの記事を読んでいるあなたも含めて多くの方が今の仕事に不満をもっているはずです。

つまり今の状況を解決しなければいけまません。

 

 

収入を上げるには?

老後のため、今の収入を上げるには3種類の方法があります。

ワンポイント
  • 今の会社で昇進して年収UP
  • 業績が良い会社に転職
  • 年収の高い職種へ

 

これらについては以下の記事に詳しく解説しています。

 

 

仕事の楽しさ

今のあなたにとって楽しいと思える仕事は名にですか?

 

・・・

・・・

・・・

・・・

 

 

これって結構思い浮かばないものなんです。

はっきりとすぐにでてきた方はその仕事に向かって「今足りないスキル」を身につければ理想を手にできます。
また、今では未経験の職種でも積極的に採用する企業は多いです。

企業によっては専門スキルをそこまで追求しない会社もあります。ノウハウやスキルは入社したあとでしか身につかないことも多いですし、企業にとっては今ある専門スキルよりも協調性や向上心などを重視する会社もあります

 

今自分がやりたい仕事が思い浮かばない方は自己分析を成功させる7個のポイントの記事も参考にしましょう。

また、MIIDAS(ミイダス)
という自分の転職後の年収を調べることができるツールもやってみるとおもしろいです。



実際の年収よりも高い金額がでるという印象ですが、少しでも今より高い年収をだされるとモチベーションがかなりあがるので一度やってみましょう。

 

 

まとめ

この記事では統計から悩みを分析し、解決方法までお伝えしました

深い悩みは給料の安定性や老後の不安【理想の仕事は安定性と楽しさの両方】

  • 約6割以上の人は悩みや不安がある
  • 安定性や老後のための貯蓄を求める
  • 理想の仕事は安定性と楽しさ
  • 年収を上げるには3つの方法
  • やりたい仕事が見つからないときは自己分析

 
今の会社で収入が上がる見込みがあるかは人それぞれです。

ただ、今の状況に不満を感じている方や好きでもない仕事を毎日していて苦痛に感じる方は転職も一つの道です。

ミイダス以外でも転職エージェントなど無料で活用できるツールがたくさんありますので、利用できるものは使っていきましょう。

 
 

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.