2020年。今より良い会社へ

正社員のメリットとデメリット。派遣のクビ経験も含めて比較します

WRITER
 
正社員と派遣のメリット







この記事を書いている人 - WRITER -

僕はかつて派遣社員20人に一気にクビを宣告しました。

正社員にもメリットとデメリットがあるのですが、経験も含めて比較します。

正社員か派遣かどっちにするか悩んでいる方は参考になると思います。

 

 

正社員と派遣社員の比較表

まずは以下の比較表をご覧ください。

 

項目 正社員 派遣
安定性 ×
将来性 ×
福利厚生 ×
有給 有り 有り
ボーナス ×
社会性 ×
人間関係 飲み会がある 孤立する
残業 多い 少ない

 

有給は派遣社員もつきますが、給料面として判断するなら総合的に見る必要があります。

また、人間関係は見方によって良いも悪いもあります。

それでは具体的に見ていきましょう。

 

 

正社員のメリット

良かった

給料面に差が出る

初任給の総額だけを見ると派遣の方が高いように見えます。
派遣の場合は時給になるので、正社員よりも給料がだいぶ高いという場合も多々あります。

しかし、ボーナスや通勤手当、福利厚生なども含めたうえでの金額と考えるとどうでしょう。

 

そう考えると正社員よりもかなりの金額をもらっていないと対等とは言えません。
しかも、正社員の場合は少しずつでも昇給し、役職に就けば役職手当などももらえます。

 

 

安定性

正社員のメリットと言えば安定性が思い浮かびます。

実際派遣の場合は派遣法によって長くても3年しか同じ職場で働けません。

3年以上働く場合は正社員に雇用を変えてもらうか、派遣会社で正社員として雇用してもらうか、他の会社に就かなければいけません。

逆に正社員の場合は終身雇用ですし、毎月安定して同じぐらいの金額が支給されます。

 

 

社会性

親族や友人、配偶者のご両親に勤務形態を伝えるとき、
『正社員』と『派遣』とでは印象が全く違います。

派遣でも実際には能力高い人や会社に貢献するひともいるのですが、社会的にはどうしても

正社員 > 派遣

という図式が成立しています。

特に結婚前の男性などは正社員でないと相手の親族に反対される可能性が高いです。

吉良

 

 

転職に不利

転職の際には必ず職歴を聞かれます。
そのときに転職理由や詳しい説明をするときに、派遣やバイトと伝えると

 

「なんだ正社員じゃないのか」

 

と言われることがあります。

これは実際に僕が言われた経験でもあるのですが、正社員でない職歴はほとんど相手にされません。

 

【補足】
派遣の場合は簡単な仕事だけなど、仕事の内容も制限されることが多いです。
そのため専門的なスキルなどが身に付きにくい傾向があります。
また、「派遣=やる気がない」と判断する上司もいます。

 

 

正社員のデメリット

次は正社員のデメリットを見ていきましょう。
正社員の方がメリットだらけでも見えますが、すべてが良いわけではありません。

 

 

人付き合い

正社員の場合は飲み会や歓迎会などに呼ばれます。
断ることが可能な会社もありますが、自分の部署の歓迎会など断りにくい場合もあります。

普段お酒を飲まない方やプライベートまで会社の人間と絡みたくない人からしたら苦痛です。

 

 

責任が重い

サラリーマンのよく言うフレーズ

 

  • すみません
  • 次は〇〇を改善してミスをなくします
  • ~までにはやります

 

厳しい納期に合わせて仕事を完了させるため、残業は嫌でもしないといけません。
また、後輩のミスや派遣のミスなども正社員が責任を取ることになります。

僕も「すみません」は毎日のように言いましたが、めちゃくちゃストレスです。

 

 

部署の異動・転勤

派遣の場合は最初からする業務が決まっているので、契約内容にない業務や部署異動はありません。
もしあれば派遣会社に言えば守ってくれます。

しかし、正社員の場合は人事異動や出張、海外への転勤など会社の命令に従わなければいけないことがあります。

 

 

派遣を選択した場合

転職エージェント?

では実際に派遣で働いたらどうなるでしょうか。
僕は今では正社員にこだわりを持っていますが、派遣の場合は以下のことが待ち受けています。

 

仕事は選べない

例えばケーキ屋さんで働くならクリームの絞りや仕上げ作業はできません。
配線業務であれば簡単な電線の先端処理などはできても制御盤に配線する作業はさせてもらえません。

簡単な業務ばかり渡されるのでストレスは軽いかもしれまんが、やりたい仕事も徹底して断られるのがつらいです。
(契約内容にない仕事を与えると派遣会社との違反にもなる)

 

 

意見は反映されない

「絶対こうした方が効率が上がる」

と思って先輩に意見を言うとします。

上司や役員からは「派遣の言葉」としてほとんどの場合は聞き流されます。

意見が通ったとしても、気付いたら正社員の誰かの功績になっていたりします。

悔しいですが、会社に貢献しても意見は通らないし給料が上がる可能性も低いです。

 

 

孤立

実際に経験すると分かるのですが、正社員と派遣には見えないラインがあります。

 

「派遣にやらせておけ」
「それは正社員がやることだから」
「それぐらい派遣でもできる」

こんな会話は毎日です。

派遣は飲み会にも呼ばれなくて楽ですが、仲間じゃないかのような孤立感を感じることがあります

 

 

 

派遣20人にクビを宣告した

かつて僕は派遣社員を20人ほど管理していたときがあります。
その会社hは残業100時間が続いたあとに経営が傾いたのですが、派遣切りというのを経験しました。

 

 

派遣切りは課長も阻止できない

派遣と言っても僕より仕事ができるスペシャリストはいました。
正社員の倍ぐらいスピードを出す人、知識がある人など様々です。

しかし、会社が経営悪化して人員削減するとなると派遣は容赦なく切り捨てられます。

契約期間が1カ月単位の契約など、企業によって違うので絶対ではありませんが、会社の方針は役員が決めます。

僕の上司、部長ですら取締役が決めた派遣切りを阻止することはできません。

実際必要な人たちでしたが、僕は朝礼で派遣社員にクビを宣告しました。

 

 

不安が襲う

実際のところ、クビを言い渡す1カ月前に

「私たち契約切られますか?」

と僕は聞かれてました。

 

「恨まないから正直に言ってくれ」
「家庭があるから何とかしてくれ」
「子供が高校生に・・・」

 

今思い出しただけでも泣きそうになります。

実際にクビを宣告した直後は、数人からは

「あんたは悪くない。みんな知ってる」
「今までありがとう」
「世話になった」

などと声をかけてくれました。

ですが、みんな集まって今後の会議です。

僕もかける言葉が見つからず、目の前にいる40代から60代の深刻な言葉で精神がやられそうでした。

派遣の方からすると、次の仕事がすぐに案内されるか、どんな仕事になるのか・・・。
とてつもなく不安を感じていました。

 

 

まとめ

この記事では正社員のメリットとデメリット。クビ経験も含めて比較しました。

最後の方は深刻な話をしましたが、実際僕以外にも経験をした人はいると思います。
派遣の人たちと仲良くしている正社員はいますが、守りたくても社長や取締役の命令は阻止できません。

 

正社員と言えば安定性が違うとよく言われますが、この言葉は本当に重いです。

今では誰に聞かれても「派遣よりも正社員をおすすめする」というのが僕の答えです。

転職を考えている方は、自分の将来をよく考えてから転職しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

多数の年収UP事例!

転職成功実績NO.1。最初に登録しておきたいリクルート

リクルート
【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

サポートの質で選ぶならDUDA

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資

 
20代・転職回数2回以内であればマイナビ

マイナビエージェント
【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.