2021年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

仕事が飽きたときに考えたい次の仕事とは?

WRITER
 
仕事に飽きた







この記事を書いている人 - WRITER -

仕事をしていると「飽きた」と感じる瞬間があるのではないでしょうか。

これまで多くの会社の人の言葉を聞いてきましたが、「仕事がめんどくさい」「もう飽きたしやる気でない」という方がたくさんいます。

そのような方も入社した直後はとてもやる気に満ち溢れていました。

このままモチベーションの低い状態で仕事をするのは本人にとっても苦痛ですよね。

そこでこの記事では仕事が飽きた時に考えたい次の仕事の探し方について紹介します。

人生の中で大きな時間を占める仕事。同じ時間を過ごすなら充実した時間にしたいものですよね。

この記事を読んで、あなたにとってどのような仕事が飽きない仕事が探していきましょう。

おすすめの転職エージェント
【1位】リクルートエージェント

転職成功実績No1!全ての業種に強いエージェント

【2位】doda

スカウト機能を併用で多くの選択肢から転職活動を!

【3位】マイナビエージェント

20代、第二新卒に強い若手専門の転職エージェント!

 

仕事に飽きた時

製造や事務、営業などどのような仕事でも飽きることはあります。

自分に合っていない仕事をしていると、ふと立ち止まったときに急にしんどくなる瞬間があるでしょう。

そのように仕事に飽きたときには以下の状況に陥ります。

仕事に飽きた時
  • モチベーションが上がらない
  • 時間が異常に長く感じる
  • 常に休みの日を求める

モチベーションが上がらない

同じ仕事をしていても、表情が楽しそうな人もいれば絶望的なぐらいしんどそうな人もいますよね。

これは仕事内容が良くないのではなく、単純にその人に合っていない仕事がだから起きる状況です。

例えば計算が苦手な人が電卓とパソコンを使って一日中給料計算をしているとモチベーションも低下します。

自分が苦手な作業で、ただ単純に給料が高いからという理由で仕事をしている方も少なくありません。

もちろん社会人の働く理由の第一位とされる「生活するためのお金」を稼ぐのは必要ですが、モチベーションを高めて充実した仕事をするには職種や仕事内容も選別することが重要です。

 

時間が異常に長く感じる

例えば一日8時間労働したとしても、

もう時間になった。今日も一日が早かった

という人もいれば、

まだ休憩まで30分もある。時間が長い

という方もいます。

仕事に飽きてしまっていれば当然後者の考え方となり、毎日の仕事が本当にしんどくなります。」

ゲームとか映画みたいに好きなことをしているとあっという間に時間が過ぎるんですけどね

見習い

人は好きなことと嫌いなことをしているのとでは時間の感覚が大きく違います。特に仕事では自分がやりがいのある仕事だと感じていると時間が早く感じます。

吉良先生

常に休みの日を求める

有名なマンガ家さんなど、休みの日などいらずに年中マンガを描いている方もいます。

これは仕事に対する責任感ではなく、純粋に好きで描いているからだと聞きました。

ONとOFFの切り替えが大切だという話をよく言われますが、仕事そのものが好きな方は例え休みの日に仕事に関することをしてもそれが楽しみだったりします。

逆に常に「早く休みが来てほしい」「休日まであと何日」と考えている人は、仕事に飽きて早く仕事を忘れたいと考えている可能性が高いです。

 

飽きない仕事の探し方

今の仕事が飽きているとしたら、転職も考えますよね。

ここで問題なのは次の仕事があなたに本当に合っている仕事なのかということ。

仕事を探すときは事前に準備を行い、自身が納得いく仕事を選ぶ必要があります。

転職後に壁に当たったとしても、自分がしっかり考えて納得して選んだ仕事であれば乗り越えられる

 

 

自己分析を行う

転職をする際に一番最初にすることは自己分析をすることです。

  • 自分の好きなこと
  • 自分の得意なこと
  • 自分の嫌いなこと
  • 自分の苦手なこと

これまでの職歴や学校で習ったこと、保持している資格などを一度整理します。

好きなことと得意なことが一致する仕事はあなたに合っている可能性が高いです。

逆に苦手なことや嫌いなことに当てはまる仕事を選んでしまうと、次の仕事でもすぐに飽きてしまうことになります。

 

客観的な視点を持つ

先ほどの自己分析はあくまで自分一人で行うものです。

しかし、人は思っている以上に自分のことを理解できません。

自己分析をすることも必要ですが、他の人から見た客観的な印象、助言を受けることで新しい気づきが生まれます。

 

 

情報収集をしっかり行う

現在ネットや本、SNS、ツールなど様々な方法で企業の情報収集をすることができます。

一生のうちの大きな時間を占める仕事を選ぶなら、できるだけ多くの情報を手に入れることをおすすめします。

とくにおすすめなのは転職エージェントを利用することです。

求人票では分からない詳細を知っていることが多いですし、人事の方と精通していたりするので就職後の詳しい話も知っていたりします。

ハローワークにない非公開求人の閲覧・応募もできるため、登録するだけでも価値があります。

以下の記事も参考にしましょう。

 

まとめ

この記事では仕事が飽きた時に考えたい次の仕事の探し方についてお話しました。

仕事に飽きてしまうとモチベーションの低下や、時間の感覚もとても長くなるなど変化があります。

一日8時間など多くの時間を占める仕事は、飽きてつまらないものよりも充実した仕事にしたいものですよね。

仕事を選ぶときに必要なのは「自己分析」「客観的な視点で見る」「情報収集を行う」ことです。

当サイトで紹介している転職エージェントを利用すると、プロのアドバイザーから無料で転職に関する様々なサポートを受けることができます。

是非活用してきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2021 All Rights Reserved.