2021年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

頭の回転が遅くて悩む。今からできる簡単な回転を速くする方法とは?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

「相手に合わせた言葉を言えない」「言葉に詰まる」というように、自身の頭の回転が遅く感じて悩むことはないでしょうか。

これは筆者も含め、多くの人が悩んでいるものです。

同じ業務や会話を行うのでも、やはり頭の回転が速いと多くのタスクをこなせますし、周りからの信頼も得ることができますよね?

そこでこの記事では頭の回転を速くする方法について紹介していきます。

今からでも始めれる簡単な方法をお伝えしていきますので、参考になったものを今日から始めていきましょう。

 

頭の回転が遅いと悩んでいる人は多い

ツイッターで調べてみると、頭の回転が遅くて悩む方は多くいます。

 


自分の判断や速度が遅いのが原因で関係者に迷惑をかけるのはつらいですよね

見習い

頭の回転が速い人を見ていると自分もそうなりたいと少なからず思いますよね。元々の才能の人もいますが、努力で改善される場合が多くあります。

吉良先生

頭の早い人の特徴

仕事の上司や先輩、芸能人のクイズ王や司会者など、頭の早い人はいっぱいいますよね。

実は頭の早い人には共通する特徴があると言われています。

膨大な知識の量

一つ目は知識量が豊富だということです。

確かに何か質問や相談をされても、自分が全く知らない分野のことを話されると的確な答えが分からないですよね?

ぴったりとは言えなくても、類似する知識があればそれを応用して答えを導き出すことができます。

 

自分の持っている知識を組み合わせる

大学や専門学校で多くの知識を持つことができても、それを実践して活用できなければ効果が半減してしまいます。

頭の回転の速い人は持っている知識を応用し、臨機応変にその知識を組み合わせて活用することができます。

 

自信を持って言い切る

全く同じ内容でも「自信なさそうに小さな声で話す人」と、「相手の目を見てはっきりと言い切る人」とでは当然後者の方が信頼を得ることができますよね。

実は後者の場合でも、内心は不安な人は多くいます。

しかし堂々と言い切ることで、他人だけでなく言っている本人も安心する心理効果があります。

 

頭の回転を速くするためには?

では、頭の回転を速くするには今後何をすればいいのか。

以下の3つの方法がおすすめです。

頭の回転を早くする方法
  • 将来を見据えたインプット
  • アウトプットの比率を高める
  • 予習やイメージトレーニング

将来を見据えたインプット

知識を高めるには勉強などのインプットが必要不可欠です。

方法は以下のように複数あります。

  • 読書
  • 講師や先輩に教えてもらう
  • youtubeなどの動画
  • ネット検索

インプットの際に多くの人が当たるのが「モチベーション」です。

最初の2~3日はやる気があるものの、どうしても日が経つごとに継続が薄くなってきます。

なぜならゲームのレベルアップのように目に見える効果が表れないため、目的が分からなくなってくるからです。

そこで「インプットを継続することでなれる未来の自分」を必ずイメージし、ノートなどに書いておきます。

これを少なくても週に1回は見直すことで、インプットするモチベーションの維持に繋がります。

毎週土曜日の朝に見るなど、ルーティン化すると忘れずに行える

 

アウトプットの比率を高める

インプットとアウトプットの黄金比率は3:7で、アウトプットが重要だと多くの学者が証明しています。

インプットも大切ですが、実は大量の読書よりもその都度アウトプットしなければ本人の力になりません。

以下のようにアウトプットを必ず行いましょう。

  • ノートなどにメモを取る
  • 学んだことを人に話す
  • ブログなどで書き出す
  • SNSで投稿

特におすすめなのは「人に話す」「人に説明する」と言ったように誰かに伝えることです。間違ったことを言いたくないという心理から、自身も理解してからアウトプットするようになります

吉良先生

予習やイメージトレーニングを行う

学んだことを人に話すことを積み重ねれば頭の回転は自然と早くなります。

しかしもっと効率的なのは「相手が何を聞きたいか」「どんな会話をしてきそうか」をイメージトレーニングすることです。

例えば営業先に行くのであれば事前にその会社が何を売っているのか、拠点は他県にどこにあるのか、強みは何か、法人内でどんな業務を行っているのかなど、調べておきましょう。

そして、相手が知りたいことを事前に考え、相手が質問してきそうなことの答えを先に準備しておきます。

この準備こそが相手から「この人は頭の回転が速い」「自分の知りたいことを教えてくれる」と好印象に繋がります。

 

 

まとめ

この記事では頭の回転を速くする方法についてについてお話しました。

インプットやアウトプット、予習などどれもとても必要なことであり、実践する人としない人とでは大きな差が生まれます。

また、すぐには結果がでなくても継続することで必ずあなたの力になります。

頭の回転が速くなる以外にも、あなたの将来にプラスになることが多く生まれるはずなので、是非実践していきましょう。
メモ

以下の記事もおすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2021 All Rights Reserved.