2020年。今より良い会社へ

生産管理ってなぜキャリアプランを聞かれるの?

WRITER
 
生産管理のキャリアプラン







この記事を書いている人 - WRITER -

面接の際に聞かれるキャリアプラン。生産管理の職でもキャリアプランを聞く面接官は多いです。
そこでこの記事では「なぜ聞かれるのか」という点から「キャリアプランの答え方」についてまでお伝えしていきたいと思います。

 

 

生産管理がキャリアプランを聞かれる理由

面接官にキャリアプランを聞かれる理由は、簡潔に言うと『自社に合う人材か確かめるため』です。

キャリアプランだけで合否が決まるわけではありませんが、面接官は興味だけでこのような質問をするわけではありません。

そして、もう少し具体的に言うと以下の3つの理由が含まれています。

 

キャリアプランを聞かれる理由
  1. 自社で長期間働いてくれる人材か
  2. 業務内容を理解しているか
  3. 他部署とのコミュニケーションは大丈夫か

 

長期的に働いてくれるか

生産管理に限ったことではありませんが、転職の際に一番疑問視されるのが「また辞めないか」ということです。

応募者がどんなに高いスキルを持っていたとしても、入社して一週間などで辞められたら意味がありません。

面接官にとっても自分が採用した人材がすぐに辞めてしまえば自分の判断ミスとも言われるため、生産管理としてこれから数年、数十年勤務している人材か見極めようとします。

 

業務内容を理解しているか

生産管理の仕事内容は多岐に渡ります。

以前の生産管理の将来性と向いている人の記事でもお伝えしましたが、僕が勤務している会社でいえば以下の業務などがあります。

  • 各工程の納期調整
  • 工場の負荷を考えての受注可否判断
  • 現場の設備不具合のときの問い合わせ
  • 原価削減の対策・対応
  • トラブルやクレーム対応
  • 材料の注文先や仕入れ日の決定・指示
  • 出荷準備や確認

求人票や会社のホームページなどを見て、どのような事業内容の会社なのかなど企業研究をしておきましょう。

吉良

業務は工場長や部長といった管理力のアドバイスをもらいにいくことも多い部署ですが、生産管理は会社の全工程に関わります。

そのため、会社の業務内容を全く知らないと思われると悪い印象になります。

 

コミュニケーション能力はあるか

僕が実際に見てきた中で生産管理が大変だと思うのがトラブル対応。

 

品質保証や営業、客先から問題を報告されたときに、生産管理は現状の仕事とクレーム対応の日程を調整し、優先順位を決めなければいけません。

基本的に大至急となる仕事となるのですが、「どの工程がどれくらいの日数かかるか」や「いつ出荷できるか」「なぜ問題が起きたのか」など、多くの情報を判断しなければいけません。

 

そして各現場の所属長へ連絡し、最短ルートで業務が流れるよう手配をしなければいけません。

そのため生産管理で働くには多くの人と話すのに抵抗のない人が向いています。

面接時は質問や自己アピールなど様々な点でコミュニケーション能力を見られますが、キャリアプランも判断材料の一つとなります。

コミュニケーション能力などは履歴書のちょっとした工夫で好印象を与えることもできます。
参考:【例文付き】履歴書の特技や趣味で魅せるコツ

 

 

キャリアプランを答えるポイント

具体的

長期的なプランを必ず入れる

キャリアプランは基本的には「1年後」「3年後」「5年後」などのプランを伝えます。

数年先のことなどイメージがつきにくいと思うかもしれませんが、『この会社で今後ずっと勤務します』というアピールとなるので必ず年数を入れて話しましょう。

注意

「3年後に社長になります」というような無茶な発言はやめましょう。また、面接官よりも出世しようとするとプライドの高い面接官には嫌われる場合があります。

 

 

現場とのコミュニケーションを含ませる

生産管理と製造は深く関わりを持ちます。
実はパソコン操作や事務処理能力が高くても、製造の人間との仲が悪ければやっていくことができません。

なので、最初の1年目は

「現場の各部署の方と積極的にコミュニケーションを取り・・・」

などと入れてみたり、

「製造現場の方と営業の中間の位置になるためパイプ約となって流れを良くしたい」

などというのも手です。

 

管理能力を伝える

生産管理という名前から連想されるように、やはりメインは管理業務です。

「短納期が重なっても的確な工程管理」
「トラブル発生時にも現状の業務を把握したうえでの判断能力をつけたい」

などと言われると面接官の興味を引きます。

 

トラブル発生時に的確に対応できる人ってなんだか信頼できますよね

春川

特に生産管理は各部署に指示を与える部署となるので、「この人はトラブルに強くなりそうだ」などと思わせることができばライバルに差をつけれます。

吉良

 

 

まとめ

この記事ではに生産管理のキャリアプランついてお話しました。

 

生産管理のキャリアプラン【面接官の意図を踏まえて攻略】

  • 自社に合う人材か確かめるために聞かれる
  • 長期的なプランを入れて答える
  • 現場とのコミュニケーションを含ませる
  • 管理能力を伝える

ここまでいろいろとお伝えしましたが、面接官によって好むキャリアプランは違ったりします。

なので、自分でいくつかプランを考えてみて、自分がしっくりくるものを考えて面接に臨みましょう。

面接前に以下のまとめ記事も参考にしましょう。↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -

多数の年収UP事例!

転職成功実績NO.1。最初に登録しておきたいリクルート

リクルート
【ここがポイント】
誰もが知る業界大手の転職エージェント。
未経験の職や適正な職種の相談も。
90%の非公開求人!
総合評価
地域 全国
得意な業界 IT,医薬,機械,電気,その他全般

 

サポートの質で選ぶならDUDA

DUDA
【ここがポイント】
転職サイトと転職エージェントの両方の強みを備えたサイト。
スカウトや年収査定、独自のサービスも。
求人数、顧客満足度ともにトップレベル!
総合評価
地域 全国
得意な業界 営業,IT,製造,金融,管理外資

 
20代・転職回数2回以内であればマイナビ

マイナビエージェント
【ここがポイント】
20代や第二新卒に強い転職エージェント。
未経験の職でも挑戦できる。
業界別の専任アドバイザーのサポート!
総合評価
地域 首都圏,関西
得意な業界 IT,機械,電気,営業

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2019 All Rights Reserved.