2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

新しい習慣を作るための5つのコツ

WRITER
 
習慣







この記事を書いている人 - WRITER -

今から『毎朝早く読書をしよう』『毎日勉強しよう』などと習慣作りをしようとしても、継続って難しいですよね?

僕もこれまで多くのことを挫折して継続できなかった経験を持つため、これまで多くの書籍を読んで実践して良かったことを5つ紹介します。

 

注目!

【習慣作りは苦手でもできる】
習慣はほんの少しの工夫をできるかが決め手となる

 

 

新しい習慣を作る方法

アンケート

新しい習慣を作るにはコツがあります。

そして、それはお金を払ってセミナーを受けたりなんかしなくても簡単に環境を作ることができます。

 

 

【コツ1】5秒以内に取り組める環境へ

例えば『今日から毎日読書をする』などと決めた場合、今日読む本を5秒以内に取り出せる位置に置きましょう。

本棚であれば一番上、パソコン机で読むなら一番目に付くところに置くなど。

5秒ルールという本で紹介されているように、【5秒】というのは成功者にとって大きな違いがあります。

吉良

 

 

【コツ2】スマホやタブレットを見えない位置へ

どんなに集中力の高い人でも、スマホが視界に入るとどうしても集中力が落ちます。

例えば「ラインがきていないか」「ツイッターが気になる」「今日の天気」など、それ以外にもスマホが目に付くだけで無意識レベルで考えてしまいます。

なので、新しい習慣などを始めるときはスマホが目に見えないところに置くのが有効です。

 

【コツ3】目標を成し遂げる姿をイメージ

習慣作りに成功したあとの自分の姿をイメージしましょう。

例えば筋トレを習慣にするのであれば、3カ月後に鏡で見た自分の姿や、持てなかった重量のダンベルを持てれるようになったなど。

 

すぐに結果がでないものほど挫折しやすいと言われている。
目標を決めるだけでなく、目標を達成した自分の姿をイメージすることが大切

 

 

【コツ4】自分への褒美を用意

人はどうしても「やめようかな」という考えがでてしまいます。

そうした挫折をなくすための方法として、『自分へのご褒美』を作ることが有効です。
 

褒美の例
  • 1週間続けたら外食
  • 1カ月続けたら温泉へ
  • 資格を無事取れたら旅行

 

僕の場合は好きなパン屋のパンを買ったり、習慣が続いたらコンビニのデザートを自分へのご褒美として用意することでモチベーションを上げています。

 

 

【コツ5】『今』から動く

何かをしようと思ったら明日ではなく今から始めるべきです。

これはただの準備や情報収集でもかまいせん。

例えば新しく何かをするために無料の会員登録だけしておくのも立派な行動ですし、ほんの5秒何かに取り組むだけでもそのまま行動に繋がります。

なので、新しいことを習慣にするときは簡単なことでもいいので『今』行動しましょう。

 

まとめ

この記事では新しい習慣を作るコツについてお話しました。

 

新しい習慣を作るには?

  • 5秒以内に取り組める環境へ
  • スマホやタブレットを見えない位置へ
  • 目標を成し遂げる姿をイメージ
  • 自分への褒美を用意
  • 『今』から動く

習慣を作ることは頭の中では簡単と思ってても、実際には多くの人が続きません。

しかし、今回紹介したちょっとした工夫をするだけで、習慣として継続できる確率が大きく上昇します。

これから始めてみようと思ったことがあるのであれば、とにかく『今』行動を起こしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2020 All Rights Reserved.