2021年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

もう時間を無駄にしない!一日を後悔しないための時間の使い方

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

休日も平日も「何となく時間が過ぎてしまった」「ちゃんと楽しめていない」などと、時間の使い方に後悔することはないでしょうか。

1日24時間は誰にでも必ず同じものですが、人によってその使い方は千差万別です。

同じ時間を過ごすなら「今日も充実していた」と達成感を得たいものですよね。

そこでこの記事では1日を無駄にしないための有効な時間の使い方のコツを紹介します。

統計データも紹介していますので、客観的な考え方も生まれるかもしれません。

是非この記事を読んで、これからの時間の使い方を見直していきましょう。
 

時間が足りない

時間が足りないと感じる人に多いのが「余暇をしっかり楽しめていない」ということ。

国土交通省のデータによると余暇を楽しむために不足しているものは第1位が「お金」第2位が「時間」となっています。

引用元:国土交通省「楽しみ方に関する国民の意識と求められるすがた」

 

時間が不足している理由

では、なぜ多くの日本人は時間が不足しているのでしょうか。

仕事量が多いとか家事が多いなど人によって状況は違うと思いますが、今の時間の使い方は全く無駄がないと言い切れる人はほぼいないのではないでしょうか。

つまり、現在より時間を有効にするための改善方法は必ずあります。

そして多くの人が時間が足りないと思っている原因は以下のようになります。

  • 仕事に多くの時間を使っている
  • 一日の時間の中で無駄がある
  • しなくていいことに時間を使っている
  • 本当にやりたいことが分からなくなっている

気づいたらSNSを見ていたり、休みの日にごろごろして長い時間が終わってしまっていたりします…

見習い

休日にだらだらするのもいいのですが、休日が終わる時に後悔するようであれば改善が必要です

吉良先生

 

時間を無駄にしないためには

多くの書店では時間を最大限に使う方法や時間術など見かけますが、やはりそれだけ時間の使い方は重要だということです。

筆者も時間の使い方を今まで何度も試行錯誤してきましたが、特に重要だと感じた内容をお伝えします。

 

スケジュールを前日の夜に決めておく

スケジュールは作成しておくのとしていないのとで圧倒的な時間の差が生まれます。

例えば朝の9時までにやりたいことが5つあると分かっていれば、それを完了するためには何時に起きて何を準備しておかないといけないのかが見えてきますよね?

これを前日の夜に把握しておくことで、次の日に起きる時間も自然と決まります。

 

やりたいこととやらなくていいことの仕分け

あなたにとって本当にやりたいことは何でしょうか。

  • 好きな趣味に時間をあてる
  • 資格の勉強やスキルアップ
  • 友達と会っていっぱい話す
  • 映画

自身のスキルアップや娯楽など、その人によって重要視するものは違います。

一番大切なのはあなたにとって優先すべき重要事項を必ずクリアすることです。

そうなればテレビを見る時間やスマホを見る時間など、優先度の低いものにかける時間を削減することで本当にやりたいことにかける時間が生まれます。

普段行っているものを一度紙に書き出し、やりたいこととしなくてもいいことの選別をしていきましょう。

 

目標と振り返りを行う

筆者はよく1か月の目標と1週間に成し遂げたいタスクを紙に書き出しています。

すると明日やりたいことがより具体的に見えるようになり、その日のTODOリストが簡単に書けるようになります。

これを1か月、3か月…というように継続していくことで、自身の充実感が大きく向上します。

 

さらに時間を有効化するには

これまで紹介した方法も大切ですが、さらに時間を有効化する方法を紹介します。

実は人生を見つめた中で目標がある方とない方では時間の使い方が全く違います。

人生の目標を見直す

あなたにとって成し遂げたい目標は何でしょうか。

実はほとんどの人はこの答えをすぐに言うことができません。

しかし、それが実は本当に重要です。

例えば以下のように目標がある方はそれを達成するために必要なことが明確化できるようになります。

目標の例
  • 30代で新しい車を買う
  • 40代でマイホーム
  • 子供が自立するまでに〇〇回旅行に行く
  • 60歳で定年し、老後も貯蓄で安定して暮らす
 

 

目標から逆算する

目標は年齢や回数、金額などできるだけ具体的であればいいでしょう。

その目標を達成するために今足りないものや、収入もしくは支出がどれくらい調整が必要なのか。

もしかしたら今の仕事を続けていくと物理的に不可能な目標かもしれません。

それらは少しでも早いうちに把握することで自分が転職が必要だったりスキルが必要、昇進が必須などと見えるものが違ってきます。

そして、今の状況を変えるために必要なことが分かることで時間の使い方も自然と変わってきます。

自分を信じる

目標を立て、時間の使い方が改善されたあとに何より重要なのは『自分を信じる』という自己肯定感です。

人はどうしても途中で不安になったり投げ出したくなり、楽をしようと思います。

ですが、人生の目標をしっかりブレずに持っておくことで前に進むことができます。

どんなにうまくいかなくても「自分ならできる」と必ずあなたが自分を認めてみましょう。

 

まとめ

この記事では1日を無駄にしないための有効な時間の使い方のコツについてお話しました。

時間の使い方は誰にとっても大切ことです。

時間をうまく使える人は「幸福感」「充実感」「自己肯定感」などが高くなりますし、自分の娯楽やスキルアップに使う時間も生まれます。

時間術はいろんな方法がありますが、まずはこの記事を読んで簡単にできそうだと思ったことを実践してみましょう。

以下の記事もおすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2021 All Rights Reserved.