2020年。今より良い会社へ

【今すぐチェック!!】

面接前日。転職者に求められるポイントを解説

WRITER
 
面接前日のポイント







この記事を書いている人 - WRITER -

転職者にとって最も落ち着きがない面接前日。

どうにか転職成功したいと思う人がほとんどだと思います。
そこでこの記事では面接前日までに抑えておきたい重要ポイントを解説します。

 

 

転職者に求められること

転職者は新卒の10代とは違い、求められることの種類があります。

新卒であれば少々のことは見逃してくれるマナーでも。転職者の場合は不採用となる致命的kな境目となりますので、必ず最後まで目を通しましょう。

 

 

意欲はあるのか

最も基本となるポイントです。
企業にとって意欲のない人材は避けたいと思われます。

当日であれば「姿勢を伸ばす」「声をはきはきとする」といったような意識が必要ですが、面接前日にできる対策もあります。

詳しくは後述する前日に抑えておきたいポイントで解説していきます。

 

 

社会人としてのマナー

マナー

服装や遅刻、これらができていない方は一発アウトです。

どんなに優れた経歴やアピールポイントをもっていても、社会人としての最低限のマナーがなければ不採用となります。

 

 

戦力となる人材か

転職者の場合は、自分をどれだけ企業にアピールできるかが重要となります。

「なぜ企業はあなたを採用したいと思うのか」
「なぜ新卒者ではなくあなたを選ぶのか」

新卒者と転職者の大きな違いは経験です。

 

過去の職歴やあなたのスキルは企業が必ず聞きにくるポイントです。

 

それでは前置きはここまでにして、前日までに抑えておきたいポイントを7つ解説します。

 

 

 

面接前日までに抑えておきたいポイント

重要ポイント

以下の中には前日にチェックする項目もありますが、早めにできるポイントは先にクリアしておいて、前日は最終確認というイメージでお願いします。

 

 

企業の情報収集

ネット社会と言われる現代では、ほとんどの企業は情報公開しています。

 

  • 企業が何をメインに販売しているのか
  • 企業はどんな特徴を持っているのか
  • あなたが採用される予定の職種はどんなものなのか
  • 転勤や出張の可能性はあるのか

 

転職する際の求人表に載っているのは当然ですが、必ず企業のホームページに目を通しましょう。

また、あなたが未経験で受ける職種としても、事前に本屋なので情報収集をおすすめします。

 

例えばCADを使う職種であれば

 

「3面図は見れますか?」

「さいころの展開図は書けますか?」

 

こんな質問が過去に僕は経験しました。

できない場合はできませんでいいですが、「3面図って何ですか?」は聞きにくい質問です。

なので未経験の職種であれば事前に本屋やネットで情報収集することをおすすめします。

 

 

質問対策

面接

転職者にとって必ず質問される

「なぜ前職を辞めたのか」

ここの答えは企業に与えるイメージに大きく影響します。

 

【NG例】

  • 「自分のミスが増えて、仕事の限界を感じてしまいました」
  • 「上司が自分のことしか考えないカスなのでストレスで辞めました」

 

自分が仕事ができないイメージを与える言葉や、本音で言う荒い言葉遣いは避けましょう。

 

 

【OK例】

  • 5年働いても給料が年収300万円超えず、今後も上がる見込みがないため
  • 「現場の研修もさせてほしい」という自分の要望にも聞いてもらえず、その状況で設計を続けているため
  • 人間関係。5年勤務しても年下の後輩が一人もいなく、人間関係がどうしても合わないため

 

特に複数の理由がある場合は

理由は3点あります。」

結論を先に言うとスムーズに話せます。

 

 

私の場合本当に正解の答えがが分からないです

春川

転職のプロに無料で相談することもできるよ

吉良

 

自分の退職理由がマイナスのイメージがつかないかは人に相談することをおすすめします。

意外と自分が良いと思っている言葉は第三者から見るとマイナスイメージということもあります。

 

ワンポイント

転職エージェントは無料で最初から最後まで活用できます。

履歴書や職務経歴書のアドバイス、面接や希望職種などの相談も乗ってくれます。

 

 

面接時の服装

面接当日に着るスーツやシャツ、ネクタイや靴などは必ずチェックしておきましょう。

僕の苦い経験でいうと、靴を間違えて普通の黒い靴で面接に行って落ちたことがあります。

初歩的なようですが、実際にミスをすると面接に受かる確率が大幅に下がります。

 

 

 

メモ帳の準備

メモ帳
意外と見られるのがメモ帳の持参。
あなたを雇う気がある企業であれば、採用後の来てほしい場所や駐車場の話、時間など多くのことを伝えてきます。

 

僕の経験ではそういう企業は採用してくれる可能性が高いのですが、そのときにメモ帳がないのはマイナス評価になります。

そして、できれば使いまわしの古いメモ帳よりも新しいものを持っていきましょう。
相手に与える印象は小さなことでも変わります。

 

 

面接会場の場所を確認

あなたの家から面接会場前何分かかりますか?

大体ではなく、一度その職場に行ってみましょう。

特に注意なのが朝の通勤時間と昼までは道路の渋滞具合が全然違います。

遅刻は社会人としてのマナーを疑われますので、面接を受ける時間と同じ時間に一度面接会場までの時間を計りましょう。

 

 

必ずシュミレーションを

面接当日のあなたの行動を事前にシュミレーションしておきましょう。

受付に行くと

「本日の〇〇時に面接を予定しております〇〇です。担当の〇〇様はいらっしゃいますでしょうか」

 

部屋に入る際はノックを3回、ドアを閉めるときはドアの方を向いて静かに閉める。

面接が終われば

「本日はありがとうございました。」

という言葉と共に一礼。

頭の中で一度シュミレーションしておくことで、当日面接ミスをするリスクを減らせます。

 

 

体調管理に気を配る

当たり前と思うかもしれませんが、体調管理に最大限の気を配りましょう。

数日前から寝る時間と起きる時間を同じ時間に調整し、寝不足で頭痛などを避けます。

また、前日のお酒はもちろんだめですが、焼き肉やにんにくなど次の日ににおいがつきそうな食事も控えましょう。

 

 

まとめ

この記事で面接前日における転職者のポイントについてお話しました。

新卒者と転職者とで大きく違うのはマナーと経験です。

 

企業はあなたの面接マナーを注意深く見て、過去の職歴には必ず質問をしてきます。

なので面接に気を付けるポイントを前日までに必ずクリアしておきましょう。

 

まとめ
  • 転職者はマナーと経験を見られる
  • 事前に情報収集や当日の面接をシュミレーション
  • 前職を辞めた理由は要注意

 

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>




Copyright© 転職kira , 2018 All Rights Reserved.